2004年|2006年|2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年|2016年2017年





■2006年11月13~14日

電子情報通信学会・非線形問題研究会(NLP)に参加しました。
発表の様子発表の様子岡山県立大学にて

   
■2006年10月16日

フラクタル構造に関する共同研究成果が,ポーラ化粧品よりプレスリリースされました。

「ポーラ化粧品、フラクタル解析による肌構造の分析結果を発表」
フラクタル解析により「なめらかな」肌構造のヒミツを発見

ポーラ化粧品研究所では、長岡技術科学大学カオス・フラクタル情報数理工学研究室 中川匡弘教授グループとの共同研究で、女性頬部の肌起伏構造についてフラクタル解析を行い、「なめらかな」印象を与える肌構造の分析を行いました。その結果、世界で初めて、肌の起伏構造中には多様なフラクタル性が存在し、さらには「肌がなめらかで美しい」と感じる肌には、肌の起伏構造中に高いフラクタル性が存在することが明らかとなりました。この研究結果については2006年10月に大阪で開催される国際化粧品技術者会(IFSCC)で発表します。
[全文記事]

関連リンク
株式会社ポーラ化粧品本舗
ポーラ化粧品プレスリリース
ポーラ化粧品プレスリリース[pdf]

2006年10月16日 化学工業日報記事
2006年10月16日 化学工業日報記事
   
■2006年9月22日

日刊工業新聞に記事が掲載されました。
日刊工業新聞

   
■2006年9月22日~24日

近未来!越後長岡産業展・ロボット展に出展しました。
出展の様子出展の様子出展の様子

   
■2006年9月13日~15日

イノベーション・ジャパン2006に出展しました。
出展の様子出展の様子出展の様子

   
■2006年8月15日

泉田新潟県知事に研究室紹介を行いました。
取材の様子取材の様子取材の様子

   
■2006年7月10日

TeNYから取材を受けました。
今回の取材はプレ取材で、7月20日のTeNY新潟一番(16:50~)に生出演します。
取材の様子

   
■2006年7月4日

長岡高校教員の皆様に研究室紹介を行いました。
紹介の様子1紹介の様子2紹介の様子3

   
 

日刊工業新聞(全国版)に記事が掲載されました。

 
2004年8月19日 2005年10月31日 2006年6月27日(最新)
2004年8月19日:日刊工業新聞 2004年8月19日:日刊工業新聞 2004年8月19日:日刊工業新聞
   
■2006年6月22日~23日

第25回日本シミュレーション学会にて発表を行いました。

   
■2006年1月26日~27日 第6回 COE国際シンポジウム(長岡)を開催いたしました。
甘利俊一先生(理化学研究所脳科学総合研究センター長)が基調講演をして下さいました。
講演の様子講演の様子講演の様子
画像をクリックすると拡大表示します
 







カオス・フラクタル情報数理工学研究室
HPに関するお問い合わせ:webmaster@pelican.nagaokaut.ac.jp

Copyright©NLAB All Right Reserved.
ホームページ上の画像・文章はすべて著作物です。