I. Published Papers (refereed papers) 論文(1980年代)論文(1990年代)論文(2000年代)
II. Technical Reports 研究会,討論会
III. Review 総説
IV. Media テレビウェブラジオ教材講演雑誌新聞
V. Articles 書籍


I. Published Papers (refereed papers)

論文(1980年代)

  1.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、TADASHI AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Statistical Theory of Nematic Liquid Crystals(The Effects of a Pair Spatial Correlation Function)」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1982 vol.90 p53-74、1982年発表 

  2.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Field Treatment of Nematic Liquid Crystalline Mixtures : Effects of the Intermolecular Repulsions on Nematic-Isotropic Phase Transition in Binary Mixtures」
    J.Phys.Soc.Jpn. vol.52 No.2 Feb 1983 p399-406、1983年2月発表

  3.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Field Theory of Lipid Systems」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.52 No.6 Jun 1983 p1935-1945、1983年6月発表

  4.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Field Treatment of Nematic Liquid Crystalline Mixtures.Ⅱ.Calculations of Nematic-Isotropic Transition Temperatures for Binary Systems with 4, 4'-Di-n-alkoxyazoxybenzenes」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.52 No.8 Aug 1983 p2659-2665、1983年8月発表

  5.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A New Type of Electrohydrodynamic Instability in Nematic Liquid Crystals with Positive Dielectric Anisotropy.Ⅰ. The Existence of the Charge Injection and the Diffusion Current」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.52 No.11 Nov 1983 p3773-3781、1983年11月発表

  6.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A New Type of Electrohydrodynamic Instability in Nematic Liquid Crystals with Positive Dielectric Anisotropy.Ⅱ.Theoretical Treatment」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.52 No.11 Nov 1983 p3782-3789、1983年11月発表

  7.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Statistical Theory of Smectic A Liquid Crystals」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.53 No.6 Jun 1984 p1951-1960、1984年6月発表

  8.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Statistical Theory of Smectic A Liquid Crystalline Mixtures : Thermal Stability of Smectic A Phase in Binary Mixtures」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.54 No.1 Jan 1985 p69-80、1985年1月発表

  9.  宮原誠(長岡技術科学大学助教授)、田中達治(長岡技術科学大学学生)、堀田裕弘(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助手)
    「ゾーンを適応化した直交変換符号化方式―輪郭部分の再現性の改善―」
    テレビジョン学会誌 vol.39 No.10 p898-904、1985年10月発表

  10.  宮原誠(長岡技術科学大学助教授)、名塚悦郎(国際電信電話(株))、吉田育弘(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助手)
    「マンセル表色系計測量にもとづくカラー画像の符号化」
    テレビジョン学会誌 vol.39 No.10 p905-911、1985年10月発表

  11.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「Lattice Model Studies of Nematic Liquid Crystalline Mixtures : Effects of Molecular Flexibility」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.54 No.11 Nov 1985 p4133-4141、1985年11月発表

  12.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)
    「A Molecular Theory of Chiral Smectic C Liquid Crystaal Ⅰ」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1985 vol.130 p349-390、1985年発表

  13.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)、Makoto Miyahara(長岡技術科学大学助教授)
    「Generalized Karhunen-Loeve Transform Image Coding」
    Picture Coding Symposium 13-3 p200-201、1986年発表

  14.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「Effect of Polarization Field on Elastic Deformation in a 180°Twisted Sample of Chiral Smectic C Liquid Crystal」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.55 No.5 May 1986 p1516-1522、1986年5月発表

  15.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)、Tadashi Akahane(長岡技術科学大学助教授)
    「A MOLECULAR THEORY OF CHIRAL SMECTIC C LIQUID CRYSTALS」
    11th International Liquid Crystal Conference FE-25、1986年7月発表

  16.  Tadashi Akahane(長岡技術科学大学助教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)、Yoichi Sakakibara(長岡技術科学大学学生)
    「DEPENDENCE OF THE STRUCTURE OF PLANAR SmC* SAMPLES ON CELL THICKNESS AND POLARIZATION FIELD」
    11th International Liquid Crystal Conference  FE-26、1986年7月発表

  17.  Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)
    「A Consideration on Expression of the Elastic Free Energy of Chiral Smectic C Liqud Crystals」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.25 No.8 Aug 1986 pL661-L663、1986年8月発表

  18.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)
    「A Study of Nematic Instability Induced by a Two-Dimensional Shear」
    Tech.Rep.of. T.U.N.vol.8 p135-141、1986年発表

  19.  宮原誠(長岡技術科学大学助教授)、中川匡弘(長岡技術科学大学助手)、向真喜男(長岡技術科学大学学生)、羽山均(長岡技術科学大学学生)
    「テレビ画像の高品質化に重要な物理要因 ―つや(かがやき)感―」
    テレビジョン学会誌 vol.40 No.11 p1106-1112、1986年11月発表

  20.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Homogeneous-Twist Transitions in Surface Stabilized Ferroelectric Liquid Crystal Cells」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.55 No.12 Dec 1986 p4492-4499、1986年12月発表

  21.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、MAKOTO MIYAHARA(長岡技術科学大学助教授)
    「Generalized Karhunen-Loeve Transformation Ⅰ (Theoretical Consideration)」
    IEEE Trans on Commun.vol.COM-35 No.2 Feb 1987 p215-223、1987年2月発表

  22.  Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)、Masumi KONDOH(長岡技術科学大学学生)、Kenji HASHIMOTO(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)
    「Heat Pulse Method for Determination of Thermal Diffusivity of Liquid Crystals」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.26 No.6 Jun 1987 pL1000-L1003、1987年6月発表

  23.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Statistical Theory of Antiferroelectric Smectic A Liquid Crystals」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.56 No.8 Aug 1987 p2653-2665、1987年8月発表

  24.  Masahiro KAWAIDA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「Dispersion Relation of Optical Eigen Modes in Ferroelectric SmC* Distorted by an Electric Field」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.26 No.12 Dec 1987 pL1976-L1978、1987年12月発表

  25.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)
    「A molecular theoretical derivation of the Landau free energy of chiral smectic C liquid crystals」
    Liq.Cryst.vol.3 No.1 p63-84、1988年1月発表

  26.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Masahito ISHIKAWA((株)東芝電子技術研究所)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「Dynamic Responses of Ferroelectric Liquid Crystals in the Surface-Stabilized Geometry Ⅰ」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.27 No.4 Apr 1988 p456-463、1988年4月発表

  27.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)
    「On the anomalous temperature dependence of ferroelectric Sc* liquid crystals」
    Liq.Cryst.1988 vol.3 No.5 p573-582、1988年5月発表

  28.  Masahiro KAWAIDA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助手)、Tadashi AKAHANE(長岡技術科学大学助教授)
    「Temperature Dependence of Selective Reflection in Ferroelectric SmC* Liquid Crystal」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.27 No.8 Aug 1988 pL1365-L1367、1988年8月発表

  29.  Masahiro Kawaida(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)、Tadashi Akahane(長岡技術科学大学助教授)
    「SELECTIVE REFLECTION IN FERROELECTRIC LIQUID CRYSTALS DISTORTED BY AN ELECTRIC FIELD」
    12th International Liquid Crystal Conference.FE-31 p307、1988年8月発表

  30.  Tadashi Akahane(長岡技術科学大学助教授)、Nobuyuki Itoh(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)
    「EFFECT OF POLARIZATION ELECTRIC FIELD ON HELIX-UNWINDING IN PLANAR CHIRAL SMECTIC C LIQUID-CRYSTAL CELL」
    12th International Liquid Crystal Conference.FE-55 p331、1988年8月発表

  31.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助手)、Tadashi Akahane(長岡技術科学大学助教授)
    「Dynamic Response of Ferroelectric Liquid Crystals in Surface-Stabilised Geometry」
    12th International Liquid Crystal Conference.FE-56 p332、1988年8月発表

  32.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Polarization Electric Field in Surface-Stabilized Ferroelectric Liquid Crystals」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1989 vol.173 p1-16、1989年発表

  33.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Soliton Model for the Chevron Layer Structure in SmC* Liquid Crystals」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1989 vol.174 p65-73、1989年発表 

  34.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Elastic Theory of Ferroelectric SmC* Liquid Crystals*」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.58 No.7 Jul 1989 p2346-2354、1989年7月発表

  35.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Fractal Structure in Focal Conics」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.28No.9 Sep 1989 p1636-1638、1989年9月発表

  36. 論文(1990年代)


  37.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Theoretical Study of Smectic Focal Domains」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.59 No.1 Jan 1990 p81-89、1990年1月発表

  38.  小林康一朗(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「局所的な粒子ドリフトを有するDLAモデル」
    JACG日本結晶成長学会誌 vol.17 No.1 p43、1990年1月発表

  39.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Theoretical study of the chevron layer structure in smectic phases」
    DISPLAYS,Apr 1990 p67-72、1990年4月発表

  40.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the elastic properties of ferroelectric Sc* liquid crystals」
    Liq.Cryst.1990 vol.8 No.5 p651-675、1990年5月発表

  41.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Chevron Structure in Compressible SmC* Phases」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.59 No.6 Jun 1990 p1995-2004、1990年6月発表

  42.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Elastic Free Energy of Biaxial Cholesterics」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.59 No.12 Dec 1990 p4313-4322、1990年12月発表

  43.  Frank.M.Leslie(Professor, Strathclyde University,UK)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)、Iain.W.Stewart(Assoc. Professor, Strathclyde University,UK)
    「A CONTINUUM THEORY FOR SMECTIC C LIQUID CRYSTALS」
    13th Int.Liq.Cryst.Conf. THE-02-O-Thu p202、1990年発表

  44.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Soliton Model for the Chevron Layer Structure」
    13th Int.Liq.Cryst.Conf. PAT-24-P-Tue p290、1990年発表

  45.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「ON THE CHEVRON LAYER STRUCTURE IN SMC* LIQUID CRYSTALS」
    10th Int.Display Research Conf. p268-271、1990年発表

  46.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「ON THE ELASTIC FREE ENERGY OF SMC* AND SMCA* PHASES」
    3rd Int.Conf.on Ferroelectric Liquid Crystals. P-160、1991年発表

  47.  FRANK M.LESLIE(Professor, Strathclyde University ,UK)、IAIN W.STEWART(Assoc. Professor, University of Nottingham)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Continuum Theory for Smectic C Liquid Crystals」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1991 vol.198 p443-454、1991年発表

  48.  Frank M.Leslie(Professor, Strathclyde University ,UK)、Iain W.Stewart(Assoc. Professor, University of Nottingham)、Tomas Carlsson(Associate Professor, Chalmers University of Technology, Sweden)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Equivalent smectic C liquid crystal energies」
    Continuum Mech.Thermodyn. vol.3 p237-250、1991年発表

  49.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Elastic Free Energy Expression of Biaxial Smectic Liquid Crystals」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.60 No.5 May 1991 p1579-1590、1991年5月発表

  50.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、KOICHIRO KOBAYASHI(長岡技術科学大学学生)
    「Diffusion-limited Aggregation with a Local Particle Drift」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.1 No.6 p535-551、1991年6月発表

  51.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Hysteresis Model for Antiferroelectric SmCA* Phases」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.30 No.8 Aug 1991 p1759-1764、1991年8月発表

  52.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、Koichiro KOBAYASHI(長岡技術科学大学学生)
    「A Diffusion-Limited Aggregation Model with a Fractional Brownian Motion」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.60 No.10 Oct 1991 p3386-3391、1991年10月発表

  53.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)、Koichiro Kobayashi(長岡技術科学大学学生)
    「A DLA MODEL OF INTERACTIVE PARTICLES」
    Slow Dynamics in Condensed Matter OC-P1 p142、1991年発表

  54.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)、Koichiro Kobayashi(長岡技術科学大学学生)
    「A DLA MODEL OF INTERACTIVE PARTICLES」
    AIP Conference Proceedings Slow Dynamics in Condensed Matter p545-546、1991年発表

  55.  Masahiro.Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)、Setsuko Mukai(長岡技術科学大学学生)、Yosuke Hori(長岡技術科学大学学生)
    「Generalized Karhunen-Loeve Transform for Image Date Compression 」
    Picture Coding Symp.91 6・1-1 p171-174、1991年発表

  56.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「ON THE ELASTIC FREE ENERGY OF SMC* AND SMCA* PHASES」
    Ferroelectrics.1991 vol.122 p279-291、1991年発表

  57.  MASAHIRO.NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、KOICHIRO KOBAYASHI(長岡技術科学大学学生)、MASATOSHI HORI(長岡技術科学大学学生)、MASAKI OKABE(長岡技術科学大学学生)、YOSUKE HORI(長岡技術科学大学学生)
    「On the Fractal Distribution of Embryos at Nematic-Isotropic Critical Point」
    Mol.Cryst.&Liq.Cryst.1991 vol.195 p15-26、1991年発表

  58.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Double-Kink Layer Structure in Smectic Phases」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.61 No.1 Jan 1992 p112-116、1992年1月発表

  59.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、KOICHIRO KOBAYASHI(長岡技術科学大学学生)、HAJIME NAMIKATA(長岡技術科学大学学生)
    「An Extended Diffusion-Limited Aggregation Model with Repulsive and Attractive Interactions」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.2 No.1 p1-10、1992年1月発表

  60.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、Masaki OKABE(長岡技術科学大学学生)
    「On the Chaos Region of the Modified Nagumo-Sato Model」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.61 No.4 Apr 1992 p1121-1124、1992年4月発表

  61.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Anchoring Effects on the Layer Structures in Compressible Smectics」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.61 No.5 May 1992 p1560-1564、1992年5月発表

  62.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、Hajime NAMIKATA(長岡技術科学大学学生)
    「A Diffusion-Limited Aggregation Model with Elongated Particles」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.61 No.6 Jun 1992 p1973-1978、1992年6月発表

  63.  Setsuko Mukai(長岡技術科学大学学生)、Masahro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「An Analysis of Two Dimensional Smectic Layer Structure」
    14th Int.Liq.Cryst.Conf. C-P41 p230、1992年発表

  64.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Dynamics of Ferro-and Antiferroelectric Liquid Crystals」
    14th Int.Liq.Cryst.Conf. C-P42 p231、1992年発表

  65.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、Kazuyuki SORIMACHI(長岡技術科学大学学生)
    「Basic Characteristics of a Fractance Device」
    IEICE TRANS.FUNDAMENTALS. vol.E75-A No.12 Dec 1992 p1814-1819、1992年12月発表

  66.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Layer Dynamics in Smectic Phases.Ⅰ」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.61 No.12 Dec 1992 p4390-4399、1992年12月発表

  67.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A study of two dimensional smectic layer structure」
    Liq.Cryst.1993 vol.14 No.5 p1409-1420、1993年5月発表

  68.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the dynamics of ferro-and antiferro-electric liquid crystals」
    Liq.Cryst.1993 vol.14 No.6 p1763-1784、1993年6月発表

  69.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Elastic Distortions of Compressible SmC*」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.62 No.6 Jun 1993 p1984-1992、1993年6月発表

  70.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Phase Transition of SmCA* Liquid Crystals」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.62 No.7 Jul 1993 p2260-2269、1993年7月発表

  71.  Kazuo NAKAMURA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Associative Model with Parameter Controlled Chaos Neurons」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.62 No.8 Aug 1993 p2942-2955、1993年8月発表

  72.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)、Tatsuya YAMAGUCHI(長岡技術科学大学学生)、 Salvador S.SABANAL(長岡技術科学大学学生)、Michinori NAGANO(長岡技術科学大学学生)
    「A STUDY OF FRACTAL PROPERTIES OF VOCAL SOUNDS」
    電子情報通信学会 信学技報 p71-76、1993年11月発表

  73.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Critical Exponent Method to Evaluate Fractal Dimensions of Self-Affine Data」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.62 No.12 Dec 1993 p4233-4239、1993年12月発表

  74.  猪股雅子(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「高分子分散型ネマチック液晶薄膜の強誘電体配向膜によるメモリ効果と電気光学特性」
    ディスプレイアンドイメージング.1993 vol.2 p181-192、1993年発表

  75.  前田正美(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「STNダイナミクスにおける不純物イオンの効果」
    ディスプレイアンドイメージング.1993 vol.2 p193-200、1993年発表

  76.  Setsuko Mukai(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Elastic Distortion across the Antiparallel Chevrons」
    4th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals. P-61 p199-200、1993年発表

  77.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Phase Transitions of SmCA* Liquid Crystals」
    4th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals. P-62 p201-202、1993年発表

  78.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Association Model Based on Synergetics」
    IJCNN'93 p2367-2370、1993年発表

  79.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A MEAN FIELD THEORY OF SmCA* LIQUID CRYSTALS」
    Ferroelectrics.1993 vol.148 p59-70、1993年発表

  80.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Model of Periodic Chaos Neuro-Dynamics」
    ICDC'94 Tokyo p224、1994年発表

  81.  IAIN W.STEWART(Assoc. Professor, University of Nottingham)、FRANK M.LESLIE(Professor, Strathclyde University ,UK)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「SMECTIC LIQUID CRYSTALS AND THE PARABOLIC CYCLIDES」
    Q.JI.Mech.appl.Math. vol.47 p511-525、1994発表

  82.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Theory of SmCA* Liquid Crystals」
    15th ILCC I-Sbp12 p761、1994年発表

  83.  Setsuko mukai(長岡技術科学大学学生)、Masahiro nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Defects in SSFLC under a DC Electric Field」
    15th ILCC J-P38 p819、1994年発表

  84.  Masako Inomata(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Bistable Switching in PDLC with a Ferroelectric Alignment Layer」
    15th ILCC K-P26 p920、1994年発表

  85.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Study of Layer Relaxations of Chevrons in SmC* Phase」
    Jpn.J.Appl.Phys.vol.33 Part1 No.11 Nov 1994 p6255-6261、1994年11月発表

  86.  Setsuko MUKAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Defects in SSFLC under a DC Electric Field」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.63 No.12 Dec 1994 p4435-4442、1994年12月発表

  87.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Model of Chaos Neuro-Dynamics with a Periodic Activation Function」
    ICONIP'94 Seoul p609-613、1994年発表

  88.  MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Model of Chaos Neuro-Dynamics」
    International Conference on Dynamical Systems and Chaos vol.2 p603-607 1995年発表

  89.  SETSUKO MUKAI(長岡技術科学大学学生)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A STUDY OF DEFECTS IN SSFLC UNDER A DC ELECTRIC FIELD」
    Mol. Cryst. & Liq. Cryst.1995 vol.263 p179-187、1995年発表

  90.  Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Field Theory of SmCA* Liquid Crystals」
    5th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals P13 p135、1995年発表

  91.  Masakazu Fukumoto(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Neuron Model with an SSFLC Cell」
    5th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals P56 p223、1995年発表

  92.  Setsuko Mukai(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Defects in SSFLC under a DC Electric Field」
    5th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals P88 p287、1995年発表

  93.  笠原毅(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「パラメータ制御型カオスニューラルネットとその応用」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J78-A No.2 p114-122、1995年2月発表

  94.  小河清隆(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「脳波におけるカオスとフラクタル性」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J78-A No.2 p161-168、1995年2月発表

  95.  小川英範(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「フラクタル関数に基づく画像の変換符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J78-A No.2 p236-243、1995年2月発表

  96.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Synergetic Neural Network」
    IEICE TRANS.FUNDAMENTALS vol.E78-A No.3 Mar 1995 p412-423、1995年3月発表

  97.  Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「An Artificial Neuron Model with a Periodic Activation Function」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.64 No.3 Mar 1995 p1023-1031、1995年3月発表

  98.  中野勝彦(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「ガウシアンピラミッドを利用した階層的IFS画像符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J78-A No.7 p856-863、1995年7月発表

  99.  Tsuyoshi Kasahara(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Parameter-Controlled Chaos Neural Networks」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.78 No.7 p1-10、1995年7月発表

  100.  Hidenori Ogawa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Transform Coding of Images Based on Fractal Functional Set」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.78 No.8 p31-40、1995年7月発表

  101.   Kiyotaka Ogo(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Chaos and Fractal Properties in EEG Data」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.78 No.10 p27-36、1995年7月発表

  102.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Synergetic Neural Network」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.64 No.8 Aug 1995 p3112-3119、1995年8月発表

  103.   Salvador SABANAL(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Time-Dependent Fractal Dimensions of Vocal Sounds」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.64 No.9 Sep 1995 p3226-3238、1995年9月発表

  104.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Periodic Chaos Neural Networks」
    International Conference of Neural Networks'95(Australia).vol.6 p3028-3033、1995年11月発表

  105.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Chaos Neural Networks with a Periodic Activation Function」
    International Conference of Artificial Neural Networks and Expert Systems'95(New Zealand) p45-50、1995年11年発表

  106.   Tsuyoshi KASAHARA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Association Model with Periodic Chaos Neurons」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.64 No.12 Dec 1995 p4964-4977、1995年12月発表

  107.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Chaos Synergetic Neural Network」
    第1回東和大学国際研究会「統計物理学:理論、実験、計算機シミュレーション」研究会報告 p468-469、1996年発表

  108.   Katsuhiko Nakano(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Hierarchical IFS Image Coding with the Gaussian Pyramid」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.79 No.6 p95-104、1996年1月発表

  109.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Hydrodynamic Theory of Compressible SmC* Liquid Crystals」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.65 No.1 Jan p100-106、1996年1月発表

  110.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Parameter Controlled Chaos Neural Network」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.65 No.6 Jun 1996 p1859-1867、1996年6月発表

  111.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「ON THE RELATION BETWEEN CONTINUUM APPROACHES OF NEMATICS」
    16th ILCC(Kent)Jun 1996 P-20a、1996年6月発表

  112.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「An Autonomously Controlled Chaos Neural Network」
    International Conference on Neural Networks (Washington,DC) vol.2 p862-867、1996年6月発表

  113.   Masako INOMATA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Bistable Switching in PDLC Films with a Ferroelectric Alignment Layer」
    IEICE TRANS. ELECTRON.vol.E79-C No.8 Aug 1996 p1047-1057、1996年8月発表

  114.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Autonomous Chaos Neural Network」
    Methodologies for the Conception,Design,and Application of Intelligent Systems Proc. of Iizuka'96, p708-713、1996年9月発表

  115.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「An Autonomous Control of Periodic Chaos Neural Network」
    ICONIP'96,Hong Kong, p572-577、1996年9月発表

  116.   Hiroshi MAEDA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Back Propagation Model with Periodic Chaos Neurons」
    ICONIP'96,Hong Kong, p567-571、1996年9月発表

  117.   Tsuyoshi TANAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Association Model with a Time-Dependent Periodic Activation Function」
    ICONIP'96,Hong Kong, p524-528、1996年9月発表

  118.   SALVADOR SABANAL(長岡技術科学大学学生)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「The Fractal Properties of Vocal Sounds and Their Application in the Speech Recognition Model」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.7 No.11 p1825-1843、1996年11月発表

  119.   田中剛(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「時間依存周期写像を用いたカオス想起モデル」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J79-A No.11 p1826-1843、1996年11月発表

  120.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Novel Chaos Neuron Model with a Periodic Mapping」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.66 No.1 Jan 1997 p263-267、1997年1月発表

  121.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「An Autonomous Periodic Chaos Neural Network」
    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHAOS THEORY AND APPLICATIONS vol. 2,No.3-4 p23-48、1997年2月発表

  122.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the relation between tensor and vector approaches of nematodynamics」
    Liquid Crystals 1997 vol. 23,No.4 p561-567、1997年4月発表

  123.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Synergetic Neural Network with Crosscorrelation Dynamics」
    IEICE TRANS.FUNDAMENTALS. vol.E80-A No.5 p881-893、1997年5月発表

  124.   北原淳(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「相互相関型シナジェティックニューラルネットワーク」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J80-A No.6 p949-959、1997年6月発表

  125.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「On the Periodic Chaos Neural Network」
    NOLTA'97(Honolulu) M3C-1 p653-656、1997年11月発表

  126.   Tsuyoshi Tanaka(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Association Model with a Time-Dependent Periodic Activation Function」
    Electronics and Communications in Japan Part III-Fundamentals, vol.81,No.1 1998 p52-70、1998年1月発表

  127.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「Periodic Chaos Neural Network with Autocorrelation Dynamics」
    KES'98 (Australia) p324-333、1998年4月発表

  128.   Haruko YOSHIDA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Generalized Recursive Block Coding for Image Date Compression 」
    IEICE TRANS.FUNDAMENTALS. vol.E81-A No.6 p1284-1300、1998年6月発表

  129.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Chaos Associative Memory with a Periodic Activation Function」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.67 No.7 Jul 1998 p2281-2293、1998年7月発表

  130.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A MOLECULAR THEORY OF SmCA* LIQUID CRYSTALS」
    17th ILCC'98(France, Strasbourg)  P-114、1998年7月発表

  131.   Jun Kitahara(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Synergetic Neural Network with Cross-Correlation Dynamics」(
    Electronics and Communications in Japan Part III-Fundamentals, vol.81, No.9 p37-47、1998年9月発表

  132.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Chaos Associative Memory」
    NOLTA'98(Switzerland, Crans-Montana) vol.3 p1019-1026、1998年9月発表

  133.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Periodic Chaos Neural Network」
    ICONIP'98,Kitakyushu, p526-529、1998年10月発表

  134.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Molecular Theory of SmCA* Liquid Crystals」
    CP469 Slow Dynamics in Complex Systems:The 8th Tohwa University International Symposium p164-165、1998年11月発表

  135.   中野勝彦(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「カラー画像の階層的IFS符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J81-A No.11 p1592-1599、1998年11月発表

  136.   TAKASHI OKADA(長岡技術科学大学学生)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Back Propagation Learning with Periodic Chaos Neurons」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.10 No.1 p77-97、1999年1月発表

  137.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Study of Chaos Associative Memory」
    4th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 4th ’99)Oita Jan p552-555、1999年1月発表

  138.   Hiroyuki Koga(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaotic Synthesis Model of Vowels」
    4th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 4th ’99)Oita Jan p556-559、1999年1月発表

  139.   Ryuichi Hiroi(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Model to Solve the Optimal Stable Marriage Problem」
    4th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 4th‘99)Oita Jan p560-563、1999年1月発表

  140.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Chaos Associative Memory」
    第12回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p379-384、1999年4月発表

  141.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Super Memory Retrieval with Chaos Neurons」
    NDES'99(Denmark) p125-130、1999年7月発表

  142.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Super Memory Retrieval with Chaos Associative Model」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.68 No.7 Jul 1999 p2457-2465、1999年7月発表

  143.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Associative Model with a Sinusoidal Activation Function」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.10 No.9 p1437-1452、1999年9月発表

  144.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Memory Model」
    International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(Tokyo) vol.1 p408-413、1999年10月発表

  145.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Celluar Automaton」
    CP519 Statistical Physics ,The 3rd Tohwa University International Meeting on -1999 p232-234、1999年11月発表

  146.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Novel Chaos Associative Memory」
    ICONIP'99(Australia, Perth) p1106-1111、1999年11月発表

  147.   廣井竜一(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「カオスニューラルネットワークによる安定結婚問題解法」
    長岡技術科学大学研究報告 第21号 p29-37、1999年発表

  148.   シィハヌーネティ(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「SIMD型並列計算機を用いたカオス誤差逆伝播学習モデル」
    長岡技術科学大学研究報告 第21号 p49-56、1999年発表

  149.   シィハヌーネティ(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「カオスセルオートマトンのダイナミクス」
    長岡技術科学大学研究報告 第21号 p57-68、1999年発表

  150.   古賀博之(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)
    「音声のカオス・フラクタル性とその生成モデル」
    長岡技術科学大学研究報告 第21号 p39-47、1999年発表

  151.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Cellular Automaton with the Hebbian Learning Rule」
    NOLTA'99 (U.S.A.,Hawaii) vol.1 p283-286、1999年12月発表

  152. 論文(2000年代)


  153.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Circularly Linked Synergetic Neural Networks」
    5th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 5th ‘00) Oita,Japan Jan p519-522、2000年1月発表

  154.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Bistable Switching in Nematic Cells with a Ferroelectric Alignment Film」
    Ferroelectrics 2000  vol.246 p71-78、2000年1月発表

  155.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Cellular Model with the Hebbian Learning Rule」
    第20回システム工学部会研究会「人工生命の新しい潮流」 p1-6、2000年2月発表

  156.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Associative Memory with a Skew-Tent Activation Function」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.69 No.3 Mar 2000 p972-980、2000年3月発表

  157.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Generalized Synergetic Neural Networks」
    第13回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p321-326、2000年4月発表

  158.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Circularly Connected Synergetic Neural Network」
    IEICE TRANS.FUNDAMENTALS. vol.E83-A No.5 p909-922、2000年5月発表

  159.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「A Generalized Hysteresis Model of Antiferroelectric Liquid Crystals」
    Jpn.J.Appl.Phys. vol.39 p4068-4075、2000年7月発表

  160.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Cellular Automaton」
    Statistical Physics, edited by M. Tokuyama and H.E. Stanley American Institute of Physics p232-234、2000年7月発表

  161.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Circularly Connected Synergetic Neural Network」
    NOLTA 2000(Germany),p79-82、2000年9月発表

  162.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Associative Model with a Skew-Tent Activation Function」
    2000 IEEE International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation  21st Century Technologies and Industrial Opportunities, IECON-2000 p712-717、2000年10月発表

  163.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Associative Memory with a Skew-Tent Mapping」
    2000 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (Tennesse, USA)p2539-2544、2000年10月発表

  164.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Memory Retrieval with a Skew-Tent Mapping」
    ICONIP-2000(Korea),p.6-11、2000年11月発表

  165.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学助教授)
    「A Chaos Memory Model」
    Iizuka 2000, 8th International Conference on Soft Computing(2000)B-8-2、2000年発表

  166.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学助教授)
    「Polarization Field Effects on Frustoelectric Smectic Liquid Crystals」
    10th Symposium on Dielectric and Advanced Material Physics & the 3rd Pusan Workshop on Condenced Matter P-1、2000年発表

  167.   松崎徹也(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「双極型ロジスティックカオスニューロンの特性とハードウェア化」
    長岡技術科学大学研究報告 第23号 p9-16、2001年発表

  168.   小野坂良男(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「周期カオスニューロンを用いた誤差逆伝搬法」(
    電子情報通信学会論文誌A vol.J84-A No.1 p33-41、2001年1月発表

  169.   古沢竜志(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「輝度に対するマルチスケーリングを用いたフラクタル画像符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J84-A No.3 p321-328、2001年3月発表

  170.   古沢竜志(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「カラー画像に対するマルチスケーリングフラクタル符号化」
    長岡技術科学大学研究報告 第23号 p1-8、2001年発表

  171.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「On the Chaos Association Model」(
    第14回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p465-470、2001年4月発表

  172.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「液晶分散型セラミック微粒子のフラクタル凝集機構とフラクタンス素子の開発」」
    日産科学振興財団研究報告書 第24号 p85-88、2001年8月発表

  173.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「シナジェティックニューラルネットワーク―トップダウンとボトムアップの狭間に―」
    電子情報通信学会誌, vol.84,No.9 p649-655、2001年9月発表

  174.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Statistical Properties of Chaos Associative Memory」
    NOLTA2001(Miyagi) vol.1 p143-146、2001年10月発表

  175.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Dynamic Memory Retrieval」
    ICMT2001 (Singapore) p147-152、2001年発表

  176.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Dynamic Model of Thresholdless Smectics」
    8th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals, p122、2001年発表

  177.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Hysteresis Chaos Neuron Model with Smectic Liquid Crystals」
    8th International Conference on Ferroelectric Liquid Crystals,p123、2001年発表

  178.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Dynamic Memory Retrieval」
    ITC-CSCC2001 vol.2,p1038-1041、2001年発表

  179.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Associative Memory and Invariant Measure」
    第15回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p185-190、2002年4月発表

  180.   松崎徹也(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「双極型ロジスティックカオスニューロンの特性と電子回路による実装」(
    電子情報通信学会論文誌A vol.J85-A No.5 p537-547、2002年5月発表

  181.   Hiroyuki KOGA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaotic and Fractal Properties of Vocal Sounds」
    J. of Korean Physical Society, vol.40 No.6 p1027-1031、2002年6月発表

  182.   古沢竜志(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「マルチスケーリングドメインを用いたフラクタル画像符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J85-A No.9 p984-992、2002年9月発表

  183.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Statistical Properties of Chaos Associative Memory」(
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.71 No.9 Sep 2002 p2316-2325、2002年9月発表

  184.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Associative Memory Model (Invited paper)」
    17th International Symposium on Intelligent Control, ISIC'02 p508-513、2002年10月発表

  185.   松崎徹也(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「フラクショナルカオスニューロンモデル」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J85-A No.11 p1201-1210、2002年11月発表

  186.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Polarization Field Effects on Dynamics of SmCA* Liquid Crystals」
    19th International Liquid Crystal Conference p891、2002年発表

  187.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Hydrodynamic Theory of Compressible Smectic C Liquid Crystals」
    19th International Liquid Crystal Conference p892、2002年発表

  188.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「カオスニューロンと不変測度―対称性の観点から―」
    電子情報通信学会誌 vol.86 No.2 p103-108、2003年2月発表

  189.   Hiroyuki KOGA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Chaotic Synthesis Model of Vowels」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.72 No.3 Mar 2003 p751-761、2003年3月発表

  190.   Yoshio Onozaka(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Back Propagation Learning with Periodic Chaos Neurons」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.86,No.3 p11-19、2003年3月発表

  191.   古賀博之(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「フラクショナル微積分を利用したフラクタル次元推定」
    電子情報通信学会論文誌,A vol.86-A,No.4 p438-446、2003年4月発表

  192.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Neurons and Invariant Measures」
    第16回軽井沢ワークショップ, A1-2-2 p19-24、2003年4月発表

  193.   Tetsuya MATSUZAKI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Chaos Neuron Model with Fractional Differential Equation」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.72 No.10 Oct 2003 p2678-2684、2003年10月発表

  194.   Tetsuya Matsuzaki(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Bipolar Logistic Chaos Neuron and Its Hardware Implementation」
    Electronics and Communications in Japan Part III  vol.86 No.11 p46-56、2003年11月発表

  195.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Associative Memory」
    The 30th Anniversary of the Information Criteria(AIC) p340-341、2003年発表

  196.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Invariant Measure of Chaos Neurons」
    The 30th Anniversary of the Information Criteria(AIC) p342-343、2003年発表

  197.   Ryuji Furusawa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal Image Coding with a Multiscaling-Domain」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.87,No.2 p79-87、2004年2月発表

  198.   Hiroyuki Koga(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Method of Evaluation of Fractal Dimensions in Terms of Fractional Integro-Differential Equations」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.87, No.4 p30-39、2004年4月発表

  199.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Statistical Property of Chaos Associative Memory」
    第17回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p31-36、2004年4月発表

  200.   大槻盛一(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「ブロック領域分割を用いたフラクタル画像符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J87-A No.7 p1027-1033、2004年7月発表

  201.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Associative Memory Model」
    IJCNN2004(Budapest) p897-902、2004年7月発表

  202.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A hydrodynamic theory of compressible SmC* liquid crystals」
    J.Non-Newtonian Fluid Mech. vol.119 p123-129、2004年発表

  203.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「On the Memory Capacity of Chaos Associative Model」(
    CSIMTA (Cherbourg) p355-360、2004年9月発表

  204.   MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Associative Memory and Invariant Measure」
    NOLTA 2004(Fukuoka)vol.2, p653-656、2004年11月発表

  205.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Entropy based Associative Model」
    第18回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p349-354、2005年4月発表

  206.   Seichi Otsuki(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal Image Coding with a Regional Division of a Block」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.88,No.8 p1-8、2005年8月発表

  207.   松下晋(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「光トポグラフィ-による感性情報解析」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J88-A No.8 p994-1001、2005年8月発表

  208.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Do Toan MINH(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Synchronization of Multi-delay Feedback Systems with Multi-delay Driving Signal」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.74 No.8 Aug 2005 p2374-2378、2005年8月発表

  209.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Entropy based Association Model」
    NOLTA 2005, (Brugge,Beligium) p301-304、2005年10月発表

  210.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Novel Autoassociation Model based on Entropy Minimization Approach」
    ICONIP 2005,October 29-November2 (Taipei,Taiwan) p1-6、2005年10月発表

  211.   大瀬浩司(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「直交変換を用いたフラクタル動画像符号化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J88-A No.12 p1526-1536、2005年12月発表

  212.   Ikusaburo Kurimoto (木更津工業高等専門学校准教授)、Katsuyuki Murakami(木更津工業高等専門学校学生)、Keiichi Yonemura(木更津工業高等専門学校講師)、Shinichi Ooeda (木更津工業高等専門学校学生)、Shin Matsushita(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Susumu Tachi(東京大学教授)
    「Cerebral Function Signal Analysis using Optical Topography - Proposal of Autocorrelation Analysis Method for Task Relevance Verification, and Cross Correlation Analysis Method for Heart Pulse-Wave Signal Separation-」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p134-141、2006年1月発表

  213.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Synchronization of Multi-delay Feedback Systems with Multidelay Driving Signal and Its Application in Communication」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p367 B81、2006年1月発表

  214.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「EEG-Based Classification of Imagery Tasks Using Fractal Dimension and Neural Network for Brain-Computer Interface」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p368 B82、2006年1月発表

  215.   Takuya IIZUKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Emotion Analysis with Fractal-Dimension of EEG Signals」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p369 B83、2006年1月発表

  216.   Toshiro GOUYA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Emotion Analysis of Olfaction and Hearing」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p370 B84、2006年1月発表

  217.   Shin MATSUSHITA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Emotional Information Analysis with Optical Topography」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p371 B85、2006年1月発表

  218.   Masahiro NOGUCHI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos and Fractals Bioassay in the Swimming Fish Loci」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p372 B86、2006年1月発表

  219.   Hideyuki USUI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Electric Dipole Dynamics Analysis in ECG with Finite Element Method」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p373 B87、2006年1月発表

  220.   Shinichi OGAWA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Lossless Fractal Image Coding with the multi-domain method」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p374 B88、2006年1月発表

  221.   Yasutaka KURITA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)、Kazutada Watanabe(長岡技術科学大学学生)
    「Fractal Analysis of Cerebellar Granule Cells Image of the Mice」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p375 B89、2006年1月発表

  222.   Yusuke TANAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Analysis of the Brain Functions Related to The Human Behaviors Using by NIRS」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p376 B90、2006年1月発表

  223.   Hiroaki MATSUMURA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An EEG-based Humanoid Robot Control System with a Brain Computer Interface」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p377 B91、2006年1月発表

  224.   Takashi MATSUMOTO(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Evaluation Method of Learning Effects with Fractal Analyses of EEG」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p378 B92、2006年1月発表

  225.   Tomoaki HOTAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Learning and Prediction Model with Chaos Recurrent Neural Network」
    The 21st Century COE Program. The 6th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p379 B93、2006年1月発表

  226.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「New Encoding Model for Chaos-Based Secure Communication」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.75 No.3 Mar 2006 p034801-1-10、2006年3月発表

  227.   Montri Phothisonothai(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「EEG-Based Fractal Analysis of Different Motor Imagery Tasks using Critical Exponent Method」
    International Journal of Biomedical Sciences.vol.1 No.3 p175-180、2006年3月発表

  228.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Entropy based Associative Memory」
    IEICE Trans.Fundamentals,  vol.E89-A,No.4,April p895-901、2006年4月発表

  229.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Novel Autoassociation Model based on Entropy Minimization Approach」
    第19回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p39-44、2006年4月発表

  230.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Enhancing Security for Chaos-based Communication System with Change in Synchronization Manifolds' Delay and in Encoder's Parameters」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.75 No.6 Jun 2006 p064801-1-12、2006年6月発表

  231.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Projective-Lag Synchronization of Coupled Multidelay Feedback Systems」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.75 No.9 Sep 2006 p094801-1-6、2006年9月発表

  232.   Koji Mizukoshi(POLA Chemical Industries,Inc)、Midori Oyobikawa(POLA Chemical Industries,Inc)、Kazuko Nishikawa(POLA Chemical Industries,Inc)、Katsuo Matsumoto(POLA Chemical Industries,Inc)、Yasutaka Kurita(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Improved Description of Skin Smoothness by Applying Fractal Geometry and ISO Parameters」
    IFSCC Congress 2006 Osaka,Japan. p1-10、2006年発表

  233.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Performance Analysis for Scheme of Synchronization-Manifold Shift Keying」
    NOLTA 2006(Bolognya) p155-158、2006年9月発表

  234.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Feature Extraction of New Imagery Tasks Using Time-Frequency and Statistical Analysis for Brain-Computer Interface」
    NOLTA 2006(Bolognya) p863-866、2006年9月発表

  235.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Autoassociation Model based on Entropy Functionals」
    NOLTA 2006 (Bolognya) p627-630、2006年9月発表

  236.   Ikusaburo Kurimoto (木更津工業高等専門学校准教授)、Katsuyuki Murakami(木更津工業高等専門学校学生)、Shinichi Ooeda (木更津工業高等専門学校学生)、Yusuke TANAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Hideharu Furumoto(公立長生病院)、Susumu Tachi(東京大学教授)
    「DIMENSION ANALYSIS OF AUTOCORRELATION NIRS SIGNAL FOR CALCULATION TASK」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p87-p90、2006年9月発表

  237.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「New Schemes of Chaos Synchronization of Multi-delay Feedback Systems with Multi-delay Driving Signal」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p177 B67、2006年9月発表

  238.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal Analysis of Different Motor Imagery Tasks Using Critical Exponent Method」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p178 B68、2006年9月発表

  239.   Dang Thanh TRUNG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A NOVEL METHOD FOR ECG INVERSE PROBLEM」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p179 B69、2006年9月発表

  240.   Kittiwann NIMKERDPHOL(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal and Chaos Analysis for Bioassay」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p180 B70、2006年9月発表

  241.   NiNi SOE(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Analysis of Movement Related EEG Signal by Time Dependent Fractal Dimension and Neural Network for Brain Computer Interface」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p181 B71、2006年9月発表

  242.   Sukir MARYANTO(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal Analysis of Harmonic Tremors at Sakurajima Volocano,Japan」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p182 B72、2006年9月発表

  243.   Hideyuki USUI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Electric Dipole Dynamics Analysis in ECG with Finite Element Method」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p183 B73、2006年9月発表

  244.   Yasutaka KURITA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)、Koji MIZUKOSHI(POLA Chemical Industries,Inc)、Katsuo MATSUMOTO(POLA Chemical Industries,Inc)
    「Fractal Analysis of Three Dimensional Skin Data」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p184 B74、2006年9月発表

  245.   Tomoaki HOTAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Leaning and Prediction Model with Chaos Recurrent Neural Network」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p185 B75、2006年9月発表

  246.   Hiroaki MATSUMURA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An EEG-based Humanoid Robot Control System with a Brain Computer Interface」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p186 B76、2006年9月発表

  247.   Takashi MATSUMOTO(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Evaluation Method of Learning Effects with Fractal Analysis of EEG」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p187 B77、2006年9月発表

  248.   Shinichi OGAWA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Lossless Fractal Image Coding with the Multi-domain Method」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p188 B78、2006年9月発表

  249.   Yusuke TANAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Intention Information Analysis with Near Infra-red Spectroscopy」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p189 B79、2006年9月発表

  250.   Shinya OKONOGI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Sensibility Analysis of Clothes Wearing Feeling Based on Self-similarity of EEG」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p190 B80、2006年9月発表

  251.   Hidetaka HAYAKAWA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Bioassay Technology with Chaos and Fractals」
    The 21st Century COE Program. The 7th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p191 B81、2006年9月発表

  252.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Entropy Based Associative Model」
    ICONIP2006, Hong Kong ,Part I, p397-406、2006年10月発表

  253.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「EEG-Based Classification of New Imagery Tasks Using Three-Layer Feedforward Neural Network Classifier for Brain-Computer Interface」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.75 No.10 Oct 2006 p104801-1-6、2006年10月発表

  254.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Modeling Chaos Neural Networks for Classification of EEG Signals」
    The 12 th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2007(AROB 12th, 2007), B-Con Plaza, Beppu, Oita, Japan, Jan 25-27 GS6-3、2007年1月発表

  255.   Ikusaburo Kurimoto (木更津工業高等専門学校准教授)、Katsuyuki Murakami(木更津工業高等専門学校学生)、Shinichi Ooeda (木更津工業高等専門学校学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Susumu Tachi(東京大学教授)
    「Autocorrelation for Verification of Task Dependence and Cross Correlation for Separation of Heart Pulse Wave in NIRS Signal using Optical Topography to BCI」
    日本福祉工学会誌 vol.9, No.1 p27-33、2007年1月発表

  256.   Ikusaburo Kurimoto (木更津工業高等専門学校准教授)、Katsuyuki Murakami(木更津工業高等専門学校学生)、Keiichi Yonemura(木更津工業高等専門学校講師)、Shinichi Ooeda (木更津工業高等専門学校学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Susumu Tachi(東京大学教授)
    「Autocorrelation Analysis for Visual Selective Attention using Optical Topography to BCI」
    日本福祉工学会誌 vol.9, No.1 p34-40、2007年1月発表

  257.   Ikusaburo Kurimoto (木更津工業高等専門学校准教授)、Katsuyuki Murakami(木更津工業高等専門学校学生)、Shinichi Ooeda (木更津工業高等専門学校学生)、Yusuke TANAKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Hideharu Furumoto(公立長生病院)、Susumu Tachi(東京大学教授)
    「Dimension Analysis of Autocorrelation NIRS Signal for Subtraction Task to BCI」
    日本福祉工学会誌 vol.9, No.1 p41-46、2007年1月発表

  258.   NiNi Soe(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Chaotic Properties of Hemodynamic Response in Functional Near Infrared Spectroscopic Measurement of Brain Activity」
    International Journal of Biological and Medical Sciences vol.1, No.1 p34-43、2007年1月発表

  259.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Neural Network Learning based on Chaos」
    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER INFORMATION AND SYSTEMS SCIENCE AND ENGINEERING. vol.1 No.2 ISSN 1307-2331 p97-102、2007年2月発表

  260.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Heuristic Continuous-time Associative Memories」
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ELECTRICAL COMPUTER AND SYSTEMS ENGINEERING. vol.1 No.3 ISSN 1307-5179 p170-176、2007年3月発表

  261.   Kittiwann Nimkerdphol(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「3D Locomotion and Fractal Analysis of Goldfish for Acute Toxicity Bioassay」
    INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMEDICAL SCIENCES vol.2 No.3 2007 ISSN1306-1216 p180-185、2007年3月発表

  262.   Koji Ohse(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal Video Coding with the Orthogonal Transformation」
    Electronics and Communications in Japan Part III vol.90 No.3 p36-47、2007年3月発表

  263.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Synchronization of coupled nonidentical multidelay feedback systems」
    Physics Letters A. vol.363 p218-224、2007年発表

  264.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Anticipating and projective-anticipating synchronization of coupled multidelay feedback systems」
    Physics Letters A. vol.365 p407-411、2007年発表

  265.   保高智昭(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「カオスリカレントニューラルネットワークを用いた不規則時系列の学習・予測」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J90-A No.6 p524-534、2007年6月発表

  266.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「New Secure Communication Model Using Anticipating Synchronization of Coupled Multidelay Feedback Systems」
    15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES2007), Tokushima, Japan, July 23-26, 2007 p118-121、2007年7月発表

  267.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal-Based EEG Data Analysis of Body Parts Movement Imagery Tasks」
    J.Physiol.Sci. vol.57 No.4 Aug 2007 p217-226、2007年8月発表

  268.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Training Multilayer Neural Network by Global Chaos Optimization Algorithms」
    Neural Networks, 2007. IJCNN 2007. International Joint Conference on. USA Aug 2007  p136-141、2007年8月発表

  269.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Entropy based Associative Model with Analogue Embedded Vectors」
    NOLATA 2007 (Vancouver)  vol.1 p489-494、2007年9月発表

  270.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「HEURISTIC ASSOCIATIVE NEURAL MEMORIES」
    International Symposium on Electrical & Electronics Engineering 2007 HCM City,Vietnam p123-129、2007年10月発表

  271.   Thang Manh Hoang(長岡技術科学大学学生)、Nguyen Vu Son(ハノイ工科大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Secure Communication System Using Projective-Lag Synchronization of Multidelay Mackey-Glass Systems」
    International Conference on Communications and Electronics (ICCE’06),Hanoi-Vietnam, October 10th-11th, 2006 p 325-330、2007年10月発表

  272.   野口和博(長岡技術科学大学学生)、早川幸孝(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「カオス・フラクタル理論に基づいたバイオアッセイ技術」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J90-A No.11 p797-805、2007年11月発表

  273.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Generalised Entropy based Associative Model」
    ICONIP 2007 (Kitakyushu) vol.1, p248-257、2007年11月発表

  274.   Montri PHOTHISONOTHAI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「EEG-Based Classification of MotorImagery Tasks Using Fractal Dimension and Neural Network for Brain-Computer Interface」
    IEICE Trans. Inf.&Syst. Vol.E91-D No.1 Jan 2008 p44-53、2008年1月発表

  275.   臼井秀行(長岡技術科学大学学生)、村上克之(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「有限要素法解析による心電双極子逆推定」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J91-A No.1 p143-152、2008年1月発表

  276.   Thang Manh Hoang(ハノイ工科大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A secure communication system using projective-lag and/or projective-anticipating synchronizations of coupled multidelay feedback systems」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.38 p1423-1438、2008年発表

  277.   Truong Quang Dang KHOA(長岡技術科学大学学生)、Hoang Manh THANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Testing for Nonlinearity in Functional Near-Infrared Spectroscopy of Brain Activities by Surrogate Data Methods」
    J.Physiol.Sci. vol.58 No.1 p47-52、2008年1月発表

  278.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Functional Near Infrared Spectroscope for Cognition Brain Tasks by Wavelets Analysis and Neural Networks」
    International Journal of Biological and Medical Sciences. vol.1 No.1 p28-33、2008年1月発表

  279.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Classification of Functional Near-Infrared Spectroscope Signals for Brain Functional Cognition」
    13th international symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 13th 2008) Jan 2008. pGS5-4、2008年1月発表

  280.   Shuichi MATSUZAKI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Learning and Prediction of Weather Conditions by Chaos Recurrent Neural Network」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p189 B103、2008年1月発表

  281.   Shuhei NISHIDA(長岡技術科学大学学生)、Sinya OKONOGI(長岡技術科学大学学生)、Toshio HATADA((株)JECC)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Quantization Method of Recognition using Fractal Dimension Analysis of EEG」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p190 B104、2008年1月発表

  282.   Thang Manh HOANG(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Test for Nonlinearity and Determinism of NIRS Data in Different Imagery Tasks」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p191 B105、2008年1月発表

  283.   Montri PHOTHISONOTHAi(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A Complexity Measure for Time Series Analysis Based on Modified Zero-Crossing Rate Function」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p192 B106、2008年1月発表

  284.   NiNi SOE(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Evidence of Deterministic Chaos in Movement Related Hemodynamics Response during the Performance of Motor Imagery Tasks」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p193 B107、2008年1月発表

  285.   Kittiwann NIMKERDPHOL(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Measuring Behavioral Response of Aqua Organism under Sublethal Toxic」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p194 B108、2008年1月発表

  286.   Truong Quang Dang KHOA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「FUNCTIONAL NEAR-INFRARED SPECTROSCOPY ANALYSIS TO UNDERSTAND BRAIN ACTIVITIES」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p195 B109、2008年1月発表

  287.   Shinya OKONOGI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「On the Emotion Analysis Method of Wearing Clothes based on Fractal of EEG」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p196 B110、2008年1月発表

  288.   Hidetaka HAYAKAWA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「New Bioassay Technology with Chaos and Fractals」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p197 B111、2008年1月発表

  289.   Yoshihiro MATSUOKA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「On the Fractal Properties of EMG and Measurement of Fatigue in Muscular Tissue」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p198 B112、2008年1月発表

  290.   Katsuyuki MURAKAMI(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「The Inverse Problem of the Equivalent Electric Dipoles with ECG Dynamics based on Finite Element Method」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p199 B113、2008年1月発表

  291.   Yuki EBINA(長岡技術科学大学学生)、Hiroaki MATSUMURA(長岡技術科学大学学生)、Shin MATSUSHITA(長岡技術科学大学学生)、Shuhei NISHIDA(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「On the Chaos and Fractal Properties in NIRS Signals and their Applications to Robotics」
    The 21st Century COE Program. The 8th International Symposium “Global Renaissance by Green Energy Revolution” p200 B114、2008年1月発表

  292.   佐瀬巧(木更津工業高等専門学校学生)、栗本育三郎(木更津工業高等専門学校准教授)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「近赤外光トポグラフィのための対話的時系列脳機能信号解析システム」
    Journal of JACT.vol.13 No.2 p61-66、2008年2月発表

  293.   NiNi SOE(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「An Analysis on Lyapunov Spectrum of Hemodynamic Response in Functional Near Infrared Spectroscopic Measurement during Different Imaginary Motor Tasks」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.77 No.3 Mar 2008 p034803-1-10、2008年3月発表

  294.   NiNi SOE(長岡技術科学大学学生)、Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos and Fractal Analysis of Electroencephalogram Signals during Different Imaginary Motor Movement Tasks」
    J.Phys.Soc.Jpn.vol.77 No.4 Apr 2008 p044801-1-8、2008年4月発表

  295.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル性に基づいた感性情報計測」
    第21回 回路とシステム 軽井沢ワークショップ p51-56、2008年4月発表

  296.   Kittiwann Nimkerdphol(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Effect of Sodium Hypochlorite on Zebrafish Swimming Behavior Estimated by Fractal Dimension Analysis」
    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING. vol.105 No.5 p486-492、2008年5月発表

  297.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Recognizing brain activities by functional near-infrared spectroscope signal analysis」
    Nonlinear Biomedical Physics 2008 2:3 p1-9、2008年7月発表

  298.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Statistical Properties and Memory Capacities of Chaos Associative Memory」
    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications(ITC-CSCC 2008) p793-796、2008年7月発表

  299.   Montri Phothisonothai(Department of Electrical Engineering, Faculty of EngineeringBurapha University)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「EEG Signal Classification Method Based on Fractal Features and Neural Network」
    30th Annual International IEEE EMBS Conference Vancouver, British Columbia, Canada, p3880-3883 2008年8月発表

  300.   Takashi Maruyama(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Emotion Measurements of Tennis Rackets on the basis of Fractal Analyses of EEG」
    2nd International Conference on Kansei Engineering and Affective Systems. p267-272、2008年11月発表

  301.   Katsuyuki Murakami(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「On the Emotion Analysis with High-order Correlation Coefficients of NIRS Signals」
    2nd International Conference on Kansei Engineering and Affective Systems. p311-316、2008年11月発表

  302.   Herr Vaxeng(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Novel Assessment Method of Emotions with Clothes based on Fractal Analyses of EEG」
    2nd International Conference on Kansei Engineering and Affective Systems p317-322、2008年11月発表

  303.   Kittiwann Nimkerdphol(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal analyses of behavioral responses of fish exposed to non-lethal toxicity」
    11th International Conference on Humans and Computers p153-158、2008年11月発表

  304.   Yoshihiro Matsuoka(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「On the Measurement of Fatigue in Muscular Tissue Based on Fractal Analyses」
    11th International Conference on Humans and Computers p117-122、2008年11月発表

  305.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Testing for Chaos Properties of Near-Infrared Spectroscopy Measuring Imagery Brain Activities」
    11th International Conference on Humans and Computers p177-181、2008年11月発表

  306.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Multifractals Properties of Near-Infrared Spectroscopy Monitoring Imagery Brain Activities」
    11th International Conference on Humans and Computers p171-176、2008年11月発表

  307.   Kittiwann Nimkerdphol(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Measuring EMG of fish for acute toxicity testing」
    11th International Conference on Humans and Computers p159-162、2008年11月発表

  308.   NiNi Soe(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Complexity Measure of Brain Activity for Different Motor Imagery Tasks」
    11th International Conference on Humans and Computers  p183-188、2008年11月発表

  309.   NiNi Soe(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Chaos Characteristics and Neural Network for Classification of Different Motor Imagery Tasks」
    11th International Conference on Humans and Computers p201-206、2008年11月発表

  310.   Shuhei Nishida(長岡技術科学大学博士研究員)、Toshio Hatada((株)JECC)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「An Estimation Method of Cognitive States with Fractal Dimensions of EEG」
    11th International Conference on Humans and Computers p195-200、2008年11月発表

  311.   Yuki Ebina(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Fractal analyses of the Physiological Signals with dietary intake」
    11th International Conference on Humans and Computers p141-146、2008年11月発表

  312.   Takuro Sasaki(長岡技術科学大学学生)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Quantitative Evaluation Methods of Skin Surface with Fractal Dimensions and Entropy Measure」
    11th International Conference on Humans and Computers p147-152、2008年11月発表

  313.   Montri Phothisonothai(Depertment of Electrical Engineering,Burapha University)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「A Complexity Measure Based on Modified Zero-Crossing Rate Function for Biomedical Signal Processing」
    13th International Conference on Biomedical Engineering(ICBME 2008),Singapore,(IFMBE Proceedings) vol.23 p240-244、2008年12月発表

  314.   Truong Quang Dang Khoa(長岡技術科学大学学生)、Yuichi Nakamura(長岡技術科学大学准教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Recognizing brain motor imagery activities by identifying chaos properties of oxy-hemoglobin dynamics time series」
    Chaos,Solitons & Fractals.vol.42 p422-429、2009年発表

  315.   MONTRI PHOTHISONOTHAI(Depertment of Electrical Engineering,Burapha UniversityA)、MASAHIRO NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「A CLASSIFICATION METHOD OF DIFFERENT MOTOR IMAGERY TASKS BASED ON FRACTAL FEATURES FOR BRAIN-MACHINE INTERFACE」
    Journal of Integrative Neuroscience. vol.8 No.1 p95-122、2009年1月発表

  316.   Yuichi Nakamura(長岡技術科学大学准教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Approximation Capability of Continuous Time Recurrent Neural Networks for Non-autonomous Dynamical Systems」
    19th International Conference on Artificial Neural Networks (Berlin Heidelberg) Part II, LNCS 5769 p593-602、2009年9月発表

  317.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「カオス・フラクタル感性情報工学―工業製品の第4パラダイムに向けてー」
    月刊ディスプレイ’09 10月号 p95-104、2009年10月発表

  318.   Masahiro NAKAGAWA(長岡技術科学大学教授)
    「Nematodynamics on the basis of Landau-de Gennes Tensorial Approach」
    Asia Simulation Conference 2009 Shiga JSST2009.p31-34、2009年10月発表

  319.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性計測とBCI―第4の価値軸とロボット制御―」
    マテリアルインテグレーション特集号 vol.23 No.4,5 p54-64、2010年発表

  320.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「On the Entropy Based Associative Memory Model with Higher-Order Correlations」
    Entropy 2010 vol.12,p136-147、2010年1月発表

  321.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「高専から技大への30年を振り返って」
    Journal of JACT  vol.15,No.1 p31-32、2010年1月発表

  322.   Taisuke Abe(長岡技術科学大学学生)、 Kazuki Uchino(長岡技術科学大学学生)、 Kisei Nakano(長岡技術科学大学学生)、 Kota Murai(長岡技術科学大学学生)、Yuichi Nakamura(長岡技術科学大学准教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「An Application of Brain Affective Interface to an Electric Wheelchair Control」
    International Symposium on Global Multidisciplinary Engineering 2010 (S-GME2010) at Nagaoka March 13 and 14 2010  Abstract p2、2010年3月発表

  323.   Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「On the Chaos Associative Memory with Tchebycheff Activation Function」
    18th IEEE Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems(NDES2010). p170-173、2010年5月発表

  324.   Kimio Hashimoto(サンスター㈱研究開発部)、Takashi Maruyama(長岡技術科学大学学生)、Syungo Ueda(サンスター㈱研究開発部)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「EMOTIONAL MEASUREMENTS OF MENTHOL-SHAMPOO ON THE BASIS OF FRACTAL ANALYSIS OF EEG」
    26th IFSCC Congress 2010 Buenos Aires,Argentina p1-11、2010年9月発表

  325.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「肌のフラクタル構造解析」
    光学 vol.39 No.11 p539-546、2010年11月発表

  326.   Kenta Kobayashi(福島県立医科大学助教授)、Tomoyuki Masuda(福島県立医科大学助教授)、Masanori Takahashi(東北大学助教授)、Jun-ichi Miyazaki(大阪大学教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)、Motokazu Uchigashima(北海道大学助教授)、Masahiko Watanabe(北海道大学教授)、Hiroyuki Yaginuma(福島県立医科大学教授)、Noriko Osumi(東北大学教授、科学技術振興機構)、Kozo Kaibuchi(名古屋大学教授)、Kazuto Kobayashi(福島県立医科大学教授、科学技術振興機構)
    「Rho?Rho-kinase signaling pathway controls axon patterning of a specified subset of cranial motor neurons」
    European Journal of Neuroscience、 vol. 33、 p 612-621、2011年1月発表

  327.   丸山貴司(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のマルチフラクタル次元を用いた感性解析」
    Journal of JACT, vol.16 No.3、p97-104、2011年3月発表

  328.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル次元解析に基づくBCI制御」
    計測と制御(リレー解説) vol.50 No.4 p292-297、2011年4月発表

  329.   橋本公男(サンスター㈱研究開発部)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波解析技術を応用した清涼感の客観的・定量的計測方法」
    、COSMETIC STAGE vol.5 No.4 p51-55、2011年4月発表

  330.   橋本公男(サンスター㈱研究開発部)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波解析技術を応用した清涼感の定量的感性測定」
    FRAGRANCE JOURNAL vol.39 No.7、p59-63、2011年7月発表

  331.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性計測手法とその応用」
    CMC出版 ファインケミカル vol.40 No.11、p45-60、2011年11月発表

  332.   土生知恵美(ユニ・チャーム(株))、山元ひろみ(ユニ・チャーム(株))、宮澤清(ユニ・チャーム(株))、佐瀬巧(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「パンティライナーに求められる香り―感性フラクタル解析を使って―」
    AROMA RESEARCH No.49(vol.13,No.1)、p21-25、2012年1月発表

  333.   佐瀬巧(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「嗅覚と感性―脳波による感性フラクタル次元解析法について―」
    AROMA RESEARCH No.49(vol.13,No.1)、p16-20、2012年1月発表

  334.   橋本公男(サンスター㈱ H&B事業部)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波解析技術を応用した清涼感の定量的感性測定」
    日皮協ジャーナル 第67号(Feb 2012 vol.34 No.2) p101-107、2012年2月発表

  335.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた嗅覚感性の計測」
    AROMA RESEARCH No.52(Vol.13,No.4)、 p332-339、2012年4月発表

  336.   丸山貴司(長岡技術科学大学学生)、笹本裕美((株)資生堂リサーチセンター)、荒川尚美((株)資生堂リサーチセンター)、川副智行((株)資生堂リサーチセンター)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル性を用いた感性推定精度の向上に関する研究」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J95-A No.4 p343-356、2012年4月発表

  337.   丸山貴司(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「ヒト脳波のイメージタスクに対する周波数成分の変化」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J95-D No.6 p1410-1420、2012年6月発表

  338.   丸山貴司(長岡技術科学大学学生)、橋本公男(サンスター㈱)、上田俊吾(サンスター㈱)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル次元解析を用いた感性解析―爽快系シャンプー使用時の検討―」
    知能と情報(日本知能情報ファジイ学会誌)vol.24 No.6 p1137-1153、2012年6月発表

  339.   丸山貴司(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波の高周波帯に着目した感性スペクトル解析手法」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J95-A No.9 p716-719、2012年9月発表

  340.   川副智行((株)資生堂リサーチセンター)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波解析を用いたスキンケア化粧品使用時の感性変化」
    COSMETIC STAGE vol.8 No.1 p40-44、2013年1月発表

  341.   大橋正(長岡技術科学大学学生)、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「線形回帰に基づいたエネルギー保存系におけるラグランジュ関数推定法」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J96-A No.2 p75-89、2013年2月発表

  342.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル解析を利用した感性志向型製品開発」
    FRAGRANCE JOURNAL vol.41 No.7 p58-65、2013年7月発表

  343.   大橋正(アンリツ産機システム(株))、神保直樹(ユニオンツール(株))、篠﨑亮(ユニオンツール(株))、中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「心拍変動と心電図のカオス解析に基づいた感性状態分類」
    電子情報通信学会論文誌A vol.J97-A No.7 p538-552、2014年7月発表

  344.   Nobuaki Kobayashi(長岡技術科学大学准教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「BCI-based Control of Electric Wheelchair」
    2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics、Osaka p429-430、2015年10月発表

  345.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「嗅覚と感性―脳波による感性フラクタル次元解析手法についてー」
    第29回回路とシステムワークショップ B2-3-3 p357-362、2016年5月発表

  346.   Yuichi Nakamura(阿南工業高等専門学校教授)、Kazuki Ito(阿南工業高等専門学校学生)、Tatsuo Hasegawa(阿南工業高等専門学校准教授)、Shin Itami(阿南工業高等専門学校講師)、Yohei Saika(群馬工業高等専門学校教授)、 Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Individual Identification by Gait Vibration Data Transmitted Floor」
    the proceeding of the 2016 16th International Conference on Control、 Automation and System、 p1371-1376、 2016年10月発表

  347.   Yohei Saika(群馬工業高等専門学校教授), Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Bayesian Inference Using the Expected A Posterior Estimation for Predicting Comfort Environment and Effective Usage of Power Based on Thermal Index Via the Temperature-Humidity Index」
    The Proceeding of the 2nd International Conference on Big Data Analysis, 2017, pp.483-488, 2017年3月発表

  348.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル解析を用いた多機能電話の操作性評価」
    第30回回路とシステムワークショップ B1-1-4 p159-164、2017年5月発表

  349.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル性を用いた嗅覚・味覚の感性評価」
    AROMA RESEARCH No.70(vol.18,No.2)、p23-32、2017年6月発表

  350.   中川匡弘(長岡技術科学大学教授)
    「脳波のフラクタル性に基づいたアクティブニューロウエアの開発」
    AROMA RESEARCH No.70(vol.18,No.2)、p57-58、2017年6月発表

  351.   Kenji Moriya(函館工業高等専門学校教授)、Shiita Ishigaki(室蘭工業大学学生)、,Nobuo Ezaki(鳥羽商船高等専門学校教授)、Ikusaburou Kurimoto(木更津工業高等専門学校教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Influence on brain activity during and after a study break using different types of music」
    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Imege Processing 2017、pp.152-156、2017年9月発表

  352.   Yohei Saika(群馬工業高等専門学校教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「Dynamics of Predicting Temperature-Humidity Index and Power Consumption in Small-scale System Utilizing Bayesian Inference Via the EAP Estimation」
    17th International Conference on Control、 Automation snd Systems、Ramada Plaza、Jeju、Korea、2017年10月発表

  353.   Yohei Saika(群馬工業高等専門学校教授)、Masahiro Nakagawa(長岡技術科学大学教授)
    「DYNAMICS OF PREDICTING ENVIRONMENTAL FACTORS VIA OPTIMAL SCHEDULING FOR AIR COOLING AND DEHUMIDIFIERING」
    The 6th International GIGAKU Conference in Nagaoka (IGCN 2017) 2017年10月発表

このページの先頭に戻る↑

II. Technical Reports

研究会,討論会

  1.  著書、学術論文等の名称:ネマチック液晶の分子論統計理論(短距離位置相関の影響)
    発行年月:1981年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 第7回液晶討論会(1981) pp.110-111.
     
  2.  著書、学術論文等の名称:フレキシブル脂質分子の平均場理論
    発行年月:1982年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 第8回液晶討論会(1982) pp.148-149.
     
  3.  著書、学術論文等の名称: 多成分系液晶の分子統計理論(ネマチック等方相転移における剛体斥力の効果)
    発行年月:1982年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 日本学術振興会第23回研究会資料 情報科学有機材料第142委員会(1982) pp.1-4.
     
  4.  著書、学術論文等の名称:正の誘電異方性をもつネマチック液晶におけるFelici-Benard型電気流体力学的不安定性
    発行年月:1983年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志  第9回液晶討論会(1983) pp.182-183.
     
  5.  著書、学術論文等の名称:カイラル・スメクチックC液晶の分子論
    発行年月:1984年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 第10回液晶討論会(1984) pp.60-61.
     
  6.  著書、学術論文等の名称:強誘電性SmC*液晶の分子論
    発行年月:1985年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 第11回液晶討論会(1985) pp.74-75.
     
  7.  著書、学術論文等の名称:SmC*液晶の弾性自由エネルギーの表現について
    発行年月:1986年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,赤羽正志 第12回液晶討論会(1986) pp.12-13.
     
  8.  著書、学術論文等の名称:強誘電性液晶の弾性変形時の光学特性
    発行年月:1987年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:川井田正広,中川匡弘,赤羽正志 第13回液晶討論会(1987) pp.76-77.
     
  9.  著書、学術論文等の名称:強誘電性液晶分子配向に及ぼす分極場効果
    発行年月:1987年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:伊藤信行,中川匡弘,赤羽正志 第13回液晶討論会(1987)  pp.78-79.
     
  10.  著書、学術論文等の名称:スメクチック液晶の弾性理論に基づくフォーカルコニックの構造解析
    発行年月:1989年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第15回液晶討論会(1989)  pp.240-241.
     
  11.  著書、学術論文等の名称:フォーカルコニック組織におけるフラクタル構造
    発行年月:1989年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第15回液晶討論会(1989) pp.242-243.
     
  12.  著書、学術論文等の名称:層構造の連続体理論
    発行年月:1989年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 応用物理学会シンポジウム(1989) 27P-A-2. 
     
  13.  著書、学術論文等の名称:圧縮性SmC*液晶における弾性変形
    発行年月:1990年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第16回液晶討論会(1990) pp.252-253.
     
  14.  著書、学術論文等の名称:EuroDisplay'90報告
    発行年月:1990年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告EID-90-85(1990) pp.25-30.
     
  15.  著書、学術論文等の名称:スメクチック液晶の連続体理論とその応用
    発行年月:1990年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告EID90-114(1990) pp.1-6.
     
  16.  著書、学術論文等の名称:反強誘電性液晶の連続体理論とその応用
    発行年月:1991年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第17回液晶討論会(1991) pp.256-257.
     
  17.  著書、学術論文等の名称:1次相転移を示すスメクティック液晶における層構造について
    発行年月:1991年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:向井畝津子,中川匡弘  第17回液晶討論会(1991) pp.342-343.
     
  18.  著書、学術論文等の名称:スメクチック液晶の連続体理論の最近の発展
    発行年月:1991年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 日本学術振興会第51回合同研究会資料,情報科学有機材料第142委員会(1991) pp.1-6.
     
  19.  著書、学術論文等の名称:フラクタル画像の変換圧縮について
    発行年月:1991年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:堀洋介,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告IE-91(1991) pp.5-12.
     
  20.  著書、学術論文等の名称:フラクタンス素子の基礎特性
    発行年月:1991年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:反町和幸,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告EMC91-74(1991) pp.21-28.
     
  21.  著書、学術論文等の名称:バナナ状分子系の相転移に関する分子論的研究
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称: 佐藤角栄,中川匡弘 第18回液晶討論会(1992) pp.58-59.
     
  22.  著書、学術論文等の名称:スメクチック層構造のダイナミクス
    発行年月:1992年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第18回液晶討論会(1992) pp.190-191.
     
  23.  著書、学術論文等の名称:2次元シェブロン層構造の解析
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:向井畝津子,中川匡弘 第18回液晶討論会(1992) pp.192-193.
     
  24.  著書、学術論文等の名称:液晶の連続体理論
    発行年月:1992年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 基礎講座「液晶の基礎物性」(配布資料)社団法人 日本工業技術振興協会(1992) pp.1-2
     
  25.  著書、学術論文等の名称:カオスニューロンとフラクタル
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘,岡部正紀, 中村和夫 電子情報通信学会技術研究報告NLP92-3(1992) pp.13-20.
     
  26.  著書、学術論文等の名称:一般化スケーリング行列を用いたフラクタル性を有するテクススチャ画像の特徴抽出
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:金田克己,中川匡弘 第23回画像工学コンファレンス(1992) pp.165-168.
     
  27.  著書、学術論文等の名称:フラクタンス素子の有限要素法解析
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:反町和幸,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告PE92-60(1992) pp.23-30.
     
  28.  著書、学術論文等の名称:音声におけるフラクタル性に関する研究
    発行年月:1992年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:山口達也,永野倫法,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告SP92-130(1992) pp.57-64.
     
  29.  著書、学術論文等の名称:高分子分散型液晶における双安定性ダイナミクス
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:猪股雅子,中川匡弘 第19回液晶討論会(1993) pp.60-61.
     
  30.  著書、学術論文等の名称:反強誘電性液晶の分子論
    発行年月:1993年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘  第19回液晶討論会(1993) pp.78-79.
     
  31.  著書、学術論文等の名称:反強誘電性液晶の履歴特性の解析
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:福本雅一,中川匡弘 第19回液晶討論会(1993) pp.80-81.
     
  32.  著書、学術論文等の名称:ジグザグドメイン境界におけるディスクリネーションに関する研究
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称: 向井畝津子,中川匡弘 第19回液晶討論会(1993) pp.82-83.
     
  33.  著書、学術論文等の名称:音声のフラクタル性とその評価法
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:山口達也,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告SP93-74(1993) pp.79-86.
     
  34.  著書、学術論文等の名称:積分相関関数におけるスケール依存性因子の評価法
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:永野倫法,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP93-61(1993) pp.29-36.
     
  35.  著書、学術論文等の名称:階層構造を利用した画像のIFS符号化
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中野勝彦,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP93-62(1993) pp.37-44.
     
  36.  著書、学術論文等の名称:カラー画像のIFS符号化に関する一考察
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐藤淳,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP93-63(1993) pp.45-51.
     
  37.  著書、学術論文等の名称:フラクタル関数による画像の変換圧縮に関する研究
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小川英範,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CS93-145,IE93-82(1993) pp.1-8.
     
  38.  著書、学術論文等の名称:カオスニューラルネットを用いた想起モデルに関する研究
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:笠原毅,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC93-99(1993) pp.143-150.
     
  39.  著書、学術論文等の名称:脳波におけるカオスとそのフラクタル性
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小河清隆,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE93-135(1993) pp.17-24.
     
  40.  著書、学術論文等の名称:A Study of Fractal Properties of Vocal Sounds
    発行年月:1993年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:山口達也,サバナル・サルバドール,永野倫法,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告SP93-87(1993) pp.71-76.
     
  41.  著書、学術論文等の名称:連続体理論に基づいた強誘電性液晶における欠陥に関する研究
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:向井畝津子,中川匡弘 第20回液晶討論会(1994) pp.100-101.
     
  42.  著書、学術論文等の名称:ヒステリシス特性を有する光カオスニューロンに関する研究
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:福本雅一,中川匡弘  第20回液晶討論会(1994). pp.154-155
     
  43.  著書、学術論文等の名称:反強誘電性液晶の相転移に関する分子論的研究
    発行年月:1994年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘  第20回液晶討論会(1994) pp.276-277.
     
  44.  著書、学術論文等の名称:脳波のマルチフラクタル解析
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小河清隆,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE94-83(1994) pp.41-48.
     
  45.  著書、学術論文等の名称:脳波のケプストラム解析
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:伊藤直子,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE94-84(1994) pp.49-56.
     
  46.  著書、学術論文等の名称:脳波の共鳴現象
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:永野倫法,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE94-85(1994). pp.57-64
     
  47.  著書、学術論文等の名称:A Study of Chaos Neural Network with Periodic Activation Function
    発行年月:1994年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP94-74(1994) pp.33-40.
     
  48.  著書、学術論文等の名称:周期カオスニューラルネットを用いた自己想起モデルに関する研究
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称: 笠原毅,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP94-73(1994) pp.25-32.
     
  49.  著書、学術論文等の名称:階層的IFS符号化
    発行年月:1994年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中野勝彦,中川匡弘 電気学会情報処理研究会IP94-28(1994) pp.21-30.
     
  50.  著書、学術論文等の名称:圧縮性SmC*液晶の流体力学方程式
    発行年月:1995年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第21回液晶討論会(1995) pp.74-75.
     
  51.  著書、学術論文等の名称:A Study of Chaos Synergetic Neural Network
    発行年月:1995年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC95(1995)  pp.1-8.
     
  52.  著書、学術論文等の名称:カオスニューラルネットによる想起モデルに関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:田中剛,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC95(1995) pp.9-16.
     
  53.  著書、学術論文等の名称:カオス誤差逆伝搬法に関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:前田拡,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC95(1995) pp.17-24.
     
  54.  著書、学術論文等の名称:脳波の固有空間とそのフラクタル性に関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小森幸樹,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95(1995) pp.29-36.
     
  55.  著書、学術論文等の名称:フラクタル性に基づいた音声認識に関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:サバナル サルバドル, 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95(1995) pp.37-44.
     
  56.  著書、学術論文等の名称:A Study of Chaos Synergetic Neural Network
    発行年月:1995年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電気学会情報処理研究会IP(1995) pp.67-76.
     
  57.  著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル解析による脳波の時空間特性の研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:伊藤直子,小森幸樹, 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95-70(1995) pp.47-54.
     
  58.  著書、学術論文等の名称:特異値分解法を用いた脳波のフラクタル次元推定
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小森幸樹,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95-70(1995) pp.55-62.
     
  59.  著書、学術論文等の名称:A Study of the Speech Recognition Utilizing the Fractal Properties of Vocal Sounds
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:サバナル サルバドル, 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95-70(1995) pp.63-70.
     
  60.  著書、学術論文等の名称:刺激と因果性のニューロン間伝達の数理モデル
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:永野倫法,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE95-76(1995) pp.1-8.
     
  61.  著書、学術論文等の名称:画像の適応型再帰ブロック符号化に関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:吉田晴子,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告IE95-143(1995) pp.21-28.
     
  62.  著書、学術論文等の名称:画像の階層的IFS符号化に関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中野勝彦,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告IE95-143(1995) pp.29-36.
     
  63.  著書、学術論文等の名称:An Autonomously Controlled Chaos Neural Network
    発行年月:1995年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC95-123(1995) pp.65-72.
     
  64.  著書、学術論文等の名称:遅延を有する自己想起モデルに関する研究
    発行年月:1995年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:山口 淳,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC95-123(1995) pp.81-88.
     
  65.  著書、学術論文等の名称:周期活性化関数を用いた誤差逆伝搬法に関する研究
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:岡田 隆志,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC96-23(1996) pp.9-16.
     
  66.  著書、学術論文等の名称:相互相関型シナジェティックニューラルネットワークに関する研究
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:北原 淳,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC96-23(1996) pp.17-24.
     
  67.  著書、学術論文等の名称:カオス双方向型連想モデルに関する研究
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:倉掛 隆,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC96-23(1996) pp.25-32.
     
  68.  著書、学術論文等の名称:スケーリング係数の非一様性を考慮した画像のフラクタル符号化
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中野勝彦,中川匡弘 画像符号化シンポジウム(1996) pp.3-4.
     
  69.  著書、学術論文等の名称:画像の再帰ブロック符号化法に関する研究
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:吉田晴子,中川匡弘 画像符号化シンポジウム(1996) pp.107-108.
     
  70.  著書、学術論文等の名称:一般化Wavelet変換を用いた画像符号化
    発行年月:1996年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:鈴置昌樹,中川匡弘 画像符号化シンポジウム(1996) pp.27-28.
     
  71.  著書、学術論文等の名称:光刺激と脳波ダイナミクスに関する研究
    発行年月:1997年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:桜井 剛,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP96-159(1997) pp.1-8.
     
  72.  著書、学術論文等の名称:時間依存型特異値分解を用いた脳波のフラクタル次元解析に関する研究
    発行年月:1997年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:印波 美江子,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP96-160(1997) pp.9-16.
     
  73.  著書、学術論文等の名称:音声のフラクタル性を利用した音声のIFS符号化
    発行年月:1997年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:シイハヌ ネティ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP96-176(1997) pp.131-138.
     
  74.  著書、学術論文等の名称:Periodic Chaos Neural Network with Autocorrelation Dynamics
    発行年月:1997年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC97-40(1997) pp.37-44.
     
  75.  著書、学術論文等の名称:An Autonomous Periodic Chaos Neural Network
    発行年月:1997年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP97-118(1997). pp.39-46
     
  76.  著書、学術論文等の名称:カラー画像の階層的フラクタル符号化
    発行年月:1997年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中野勝彦,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告IE97-84(1997) pp.7-12.
     
  77.  著書、学術論文等の名称:画像の階層的予測・変換符号化
    発行年月:1997年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林誠,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告IE97-85(1997) pp.13-18.
     
  78.  著書、学術論文等の名称:Chaos Associative Memory with a Periodic Activation Function
    発行年月:1998年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP97-173(1998) pp.93-100.
     
  79.  著書、学術論文等の名称:時間依存型周期活性化関数を用いた誤差逆伝搬法に関する研究
    発行年月:1998年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:朝長義貴,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP97-174(1998) pp.101-108.
     
  80.  著書、学術論文等の名称:反強誘電性液晶の分子論
    発行年月:1998年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 1998年日本液晶学会討論会1-14a(1998) pp.134-135
     
  81.  著書、学術論文等の名称:カオス音声生成モデル
    発行年月:1998年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古賀博之,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP98-62(1998) pp.25-32.
     
  82.  著書、学術論文等の名称:カオスニューラルネットワークを用いた最適安定結婚問題解法
    発行年月:1998年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:廣井竜一,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP98-63(1998). pp.33-40
     
  83.  著書、学術論文等の名称:A Chaos Autoassociative Memory
    発行年月:1999年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP98-131(1999) pp.65-72.
     
  84.  著書、学術論文等の名称:Circularly Connected Synergetic Neural Networks
    発行年月:1999年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CAS99-58, NLP99-82(1999) pp.101-108.
     
  85.  著書、学術論文等の名称:SIMD型並列計算機を用いたカオス誤差逆伝搬学習モデル
    発行年月:1999年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:シィハヌー ネティ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP99-113(1999) pp.17-24.
     
  86.  著書、学術論文等の名称:周期カオスニューラルネットワークを用いた誤差逆伝搬法
    発行年月:1999年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小野坂良男,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP99-115(1999) pp.31-38.
     
  87.  著書、学術論文等の名称:最適安定結婚問題のカオスニューラルネットワーク解法
    発行年月:1999年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:廣井竜一,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP99-116(1999) pp.39-46.
     
  88.  著書、学術論文等の名称:音声のカオス性とその生成モデル
    発行年月:1999年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古賀博之,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP99-120(1999) pp.7-14.
     
  89.  著書、学術論文等の名称:マルチスケーリングを用いたフラクタル画像符号化
    発行年月:1999年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古沢竜志,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP99-120(1999) pp.7-14.
     
  90.  著書、学術論文等の名称: A Chaos Memory Retrieval with a Skew-Tent Activation Function
    発行年月:2000年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2000-46(2000) pp.119-126.
     
  91.  著書、学術論文等の名称:カオスニューロンと不変測度
    発行年月:2000年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2000-89(2000) pp.70-84.
     
  92.  著書、学術論文等の名称:Skew-Tent関数を用いたカオス連想モデル
    発行年月:2000年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小坂井孝哲,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2000-90(2000) pp.85-90.
     
  93.  著書、学術論文等の名称:Statistical Properties of Chaos Associative Memory
    発行年月:2001
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2000-176(2001) pp.87-94.
     
  94.  著書、学術論文等の名称:双極型ロジスティックカオスニューロンの特性とハードウエア化
    発行年月:2001
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松崎徹也,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2001-4(2001) pp.19-26.
     
  95.  著書、学術論文等の名称:周期カオスニューロンを用いたカオス性を有する時系列の学習
    発行年月:2001
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:シィハヌー ネティ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2001-5(2001) pp.27-34.
     
  96.  著書、学術論文等の名称:カラー画像に対するマルチスケーリングフラクタル符号化
    発行年月:2001
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古沢竜志,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2001-9(2001) pp.59-66.
     
  97.  著書、学術論文等の名称:音声のカオス・フラクタル解析
    発行年月:2001
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古賀博之,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2001-10(2001) pp.67-74.
     
  98.  著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析を用いた感情の定量化手法
    発行年月:2002年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐藤高弘、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告 HIP2002-12(2002) pp.13-18.
     
  99.  著書、学術論文等の名称:マルチドメインを用いた画像符号化
    発行年月:2002年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:古沢竜志、中川匡弘 画像符号化シンポジウムPCSJ2002, pp.39-40.
     
  100.   著書、学術論文等の名称:液晶相転移(分子論的アプローチ)
    発行年月:2003年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 日本液晶学会 物理・物性フォーラム[21世紀の液晶物理・基礎と応用]講演要旨集 (2003) 
     
  101.   著書、学術論文等の名称: Invariant Measure and Memory Capacity of Periodic Chaos Neurons
    発行年月:2003年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2003-06(2003) pp.25-30.
     
  102.   著書、学術論文等の名称:周波数領域における3Dフラクタル動画像符号化に関する検討
    発行年月:2003年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大瀬浩司、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2003-102(2003) pp.7-12.
     
  103.   著書、学術論文等の名称:1次遅れ系の独立成分分析に関する検討
    発行年月:2003年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:門田優、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2003-121(2003) pp.57-62.
     
  104.   著書、学術論文等の名称:音声の揺らぎとそのカオス・フラクタル性
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:鈴木健志,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-55(2004) pp.7-12.
     
  105.   著書、学術論文等の名称: 直交変換を用いたフラクタル動画像符号化
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大瀬浩司,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-59(2004) pp.31-36.
     
  106.   著書、学術論文等の名称: 独立成分分析を前処理とした脳波のフラクタル次元解析
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:門田優,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-61(2004) pp.1-6.
     
  107.   著書、学術論文等の名称: 光トポグラフィによる感性情報解析
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松下晋,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-62(2004) pp.7-12.
     
  108.   著書、学術論文等の名称:誤差逆伝搬学習における活性化関数と学習特性
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗山宗徳,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-64(2004) pp.17-22.
     
  109.   著書、学術論文等の名称: 脳波信号解析に基づいた感性情報処理
    発行年月:2004年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:北原肇,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告HIP2004-80(2004) pp.43-48.
     
  110.   著書、学術論文等の名称: カオス・フラクタル理論に基づくバイオアッセイ技術
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称: 野口和博・中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-122(2005) pp.41-46.
     
  111.   著書、学術論文等の名称:言語理解に関する脳機能計測についての検討
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:江谷俊祐・中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-123(2005) pp.47-52.
     
  112.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析と感性処理への応用
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:飯塚拓也・中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2004-124(2005) pp.53-58.
     
  113.   著書、学術論文等の名称:Improved Security for Stream Cryptosystems by Multi-layer Synchronization Systems
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Thang Manh Hoang, Do Toan Minh, Masahiro Nakagawa 電子情報通信学会技術研究報告CAS2005-38 NLP2005-51(2005) pp.25-30.
     
  114.   著書、学術論文等の名称: 魚の運動の環境負荷依存性に対するカオス・フラクタル解析
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:野口和博・中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CAS2005-39 NLP2005-52(2005) pp.31-36.
     
  115.   著書、学術論文等の名称:脳表層におけるヘモグロビン濃度変化のカオス性
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松下晋 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CAS2005-40 NLP 2005-53(2005) pp.37-42.
     
  116.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析を用いたヒューマンインターフェースの応用
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:飯塚拓也 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CAS2005-41 NLP2005-54(2005) pp.43-48.
     
  117.   著書、学術論文等の名称:事象関連電位のフラクタル次元解析に基づいた脳機能計測
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:江谷俊裕 中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告CAS2005-42 NLP2005-55(2005) pp.49-54.
     
  118.   著書、学術論文等の名称:相互相関による光トポグラフ脳機能信号からの脈波信号分離法の提案
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,村上克之,大枝真一,松下晋,中川匡弘,舘暲 日本福祉工学会第8回学術講演会論文集,(2005年11月) pp41-pp42
     
  119.   著書、学術論文等の名称:自己相関による光トポグラフ脳機能解析法の提案
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,村上克之,大枝真一,松下晋,中川匡弘,舘暲 日本福祉工学会第8回学術講演会論文集,(2005年11月) pp43-pp44
     
  120.   著書、学術論文等の名称:選択的注視における光トポグラフ脳機能信号解析
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:村上克之,栗本育三郎,米村恵一,松下晋,中川匡弘,舘暲 日本福祉工学会第8回学術講演会論文集,(2005年11月) pp37-pp38
     
  121.   著書、学術論文等の名称:光トポグラフ脳機能計測のためのポジショニングシステムの開発
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:長船司,栗本育三郎,中川匡弘,舘暲 日本福祉工学会第8回学術講演会論文集,(2005年11月) pp39-pp40
     
  122.   著書、学術論文等の名称:聴覚タスクにおけるNIRS信号解析
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,大枝真一,松下晋,中川匡弘,舘暲 第3回 光脳機能イメージング研究会,(2005年6月) pp15-16
     
  123.   著書、学術論文等の名称:神経難病のための意志伝達支援装置の開発
    発行年月:2005年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:田中祐介,栗本育三郎,今井尚志,中川匡弘 生体機能・情報処理シンポジウム2005、(2005年1月) pp41-46
     
  124.   著書、学術論文等の名称:有限要素法を用いた心電双極子逆推定
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:臼井秀行 中川匡弘 第25回日本シミュレーション学会発表論文集 2006年6月 pp.129-132.
     
  125.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析による学習効果の定量化
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松本崇 中川匡弘 第25回日本シミュレーション学会発表論文集 2006年6月 pp.175-178.
     
  126.   著書、学術論文等の名称:肌の3次元計測データのフラクタル解析
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗田誉平 中川匡弘 第25回日本シミュレーション学会発表論文集 2006年6月 pp.179-182.
     
  127.   著書、学術論文等の名称:マルチドメイン手法を用いた静止画像のフラクタルか逆符号化
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小川真一 中川匡弘 第25回日本シミュレーション学会発表論文集 2006年6月 pp.183-186.
     
  128.   著書、学術論文等の名称:ヒューマノイドロボットの脳直結型制御に関する検討
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松村浩昭 中川匡弘 第25回日本シミュレーション学会発表論文集 2006年6月  pp.207-210.
     
  129.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいたBCIに関する研究
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:蛯名 悠希,中川 匡弘 電子情報通信学会,信越支部大会,講演論文集,1C-2(2006) pp.12
     
  130.   著書、学術論文等の名称:カオスニューラルネットワークを用いた学習・予想
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松岡 義浩 中川匡弘 電子情報通信学会18年度信越支部大会,平成18年度電子情報通信学会信越支部大会講演論文集(2006年9月) pp.14
     
  131.   著書、学術論文等の名称:カオス・フラクタル理論を用いたバイオアッセイ技術
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:早川 幸孝 中川匡弘 電子情報通信学会講演論文集(2006) p.15
     
  132.   著書、学術論文等の名称:脳波の自己相似性に着目した衣服着用感の感性解析に関する研究
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小此木 慎哉 中川匡弘 電子情報通信学会講演論文集(2006) p.16
     
  133.   著書、学術論文等の名称:近赤外分光法による意思・感性情報計測
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:田中 祐介 中川匡弘 電子情報通信学会講演論文集(2006) p.17
     
  134.   著書、学術論文等の名称:心臓の超音波計測とダイナミクスのカオスフラクタル性
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:下田 洋平 栗田 誉平 中川匡弘 電子情報通信学会講演論文集(2006) p.18
     
  135.   著書、学術論文等の名称:有限要素法による心電双極子逆推定
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:臼井秀行 ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-73 , pp.39-44
     
  136.   著書、学術論文等の名称:カオスリカレントニューラルネットワークを用いた環境時系列データの学習・予測
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:保高智昭 ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-75 , pp.51-56
     
  137.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析と学習効果の定量化
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松本崇 ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-82 , pp.27-32
     
  138.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析による視覚に対する感性の定量化
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小川真一 ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-83 , pp.33-38
     
  139.   著書、学術論文等の名称:肌情報のフラクタル解析
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗田誉平 ,中川匡弘,水越輿治,松本克夫 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-84 , pp.39-44
     
  140.   著書、学術論文等の名称:ヒューマノイドロボットの脳直結型制御に関する検討
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松村浩昭 ,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-88 , pp.63-68
     
  141.   著書、学術論文等の名称:選択的注視における自己相関NIRS信号の次元解析
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:村上克之, 栗本育三郎, 米村恵一, 中川匡弘, 舘暲 日本福祉工学会第9回学術講演会論文集, (2006年11月) pp59-60
     
  142.   著書、学術論文等の名称:微小な脳賦活検出のための自己相関NIRS信号による次元解析法の提案
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,村上克之,中川匡弘,古本英晴,舘暲 日本福祉工学会第9回学術講演会論文集, (2006年11月) pp61-62
     
  143.   著書、学術論文等の名称:計算タスクにおけるNIRS信号解析
    発行年月:2006年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,村上克之,大枝真一,田中祐介,中川匡弘,古本英晴,舘暲 第5回 光脳機能イメージング研究会,(2006年7月) pp10-11
     
  144.   著書、学術論文等の名称:顔面皮膚表面立体構造のフラクタル解析
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:水越輿治、及川みどり、松本克夫、栗田誉平、 中川匡弘 香粧品学会,講演要旨 (2007) p.48
     
  145.   著書、学術論文等の名称:カオス・フラクタル理論を用いたバイオアッセイ技術
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:早川幸孝 、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-160(2007-3) pp.33-38
     
  146.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析を用いた学習効果計測の検討
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小此木慎哉、畑田敏雄 、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2006-160(2007-3) , pp.39-44
     
  147.   著書、学術論文等の名称:顔面皮膚表面立体構造のフラクタル解析
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:水越輿治、及川みどり、松本克夫、栗田誉平、中川匡弘 第32回日本香粧品学会 講演論文 (東京新橋ヤクルトホール)(2007)(論文集は後日) p.48
     
  148.   著書、学術論文等の名称:長岡技術科学大学新技術説明会 資料集
    発行年月:2007年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 科学技術振興機構JSTホール(東京、市ケ谷) pp.13-17
     
  149.   著書、学術論文等の名称:筋電信号のフラクタル性と筋肉組織の疲労度計測
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松岡義浩、中川匡弘 電子情報通信学会 非線形問題研究会,電子情報通信学会技術研究報告,NLP2007-86, CAS2007-58、( 2007年10月)芝浦工大 Vol.107 No.267 pp.35-40
     
  150.   著書、学術論文等の名称:脳波及び近赤外倍分光信号におけるカオス・フラクタル性とロボット制御への応用
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:蛯名悠希、西田周平、中川匡弘 電子情報通信学会,非線形問題研究会,電子情報通信学会技術研究報告,CAS2007-59、(2007) NLP2007-87,芝浦工大 Vol.107,No.265 pp41-46
     
  151.   著書、学術論文等の名称: 脳波の自己相似性に着目した衣服着用感の感性解析に関する研究
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小此木慎哉、Herr VAxeng、中川匡弘、今井公奉、網屋繁俊、滝澤清 CAS2007-60(2007)芝浦工大 pp47-52
     
  152.   著書、学術論文等の名称:心拍揺らぎのカオス解析と等価心電双極子ダイナミクスの有限要素法による逆推定
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:村上克之、臼井秀行、中川匡弘 電子情報通信学会 非線形問題研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, CAS2007-61, NLP2007-89, Oct 2007 芝浦工大 Vol. 107, No. 267  pp53-58
     
  153.   著書、学術論文等の名称:カオス・フラクタル理論を用いた新規バイオアッセイ技術
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:早川幸孝、中川匡弘 CAS2007-62(2007) pp59-64
     
  154.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた衣服の着衣感評価
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:HerrVaxeng, 中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会講演論文集(2007) pp.41
     
  155.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析による視覚・感性情報計測
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水俊裕, 中川匡弘 電子情報通信学会19年度信越支部大会,平成19年度電子情報通信学会信越支部大会講演論文集 2007年9月 pp.42
     
  156.   著書、学術論文等の名称:肌の滑らかさのフラクタル解析
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎, 水越興治, 松本克夫, 中川匡弘 電子情報通信学会19年度信越支部大会,平成19年度電子情報通信学会信越支部大会講演論文集, 2007年9月 pp.47
     
  157.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析によるテニスラケットの感性計測
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司, 中川匡弘 電子情報通信学会19年度信越支部大会,平成19年度電子情報通信学会信越支部大会講演論文集, 2007年9月 pp.48
     
  158.   著書、学術論文等の名称:光トポグラフィ計測のための脳立体観察ディスプレイの提案
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,藤繁望,中川匡弘,古本英晴,舘暲 日本福祉工学会第10回学術講演会論文集,(2007年5月) pp51-52
     
  159.   著書、学術論文等の名称:脳賦活におけるセミパラメトリックNIRS信号時系列解析法の提案
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,村上克之,中川匡弘,古本英晴,舘暲 日本福祉工学会第10回学術講演会論文集,(2007年5月) pp53-54
     
  160.   著書、学術論文等の名称:近赤外光トポグラフィを用いた微小な脳賦活検出のためのセミパラメトリック時系列信号解析法
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本育三郎,中川匡弘,舘暲 第13回日本高専学会講演論文, (2007年9月) pp.65-66
     
  161.   著書、学術論文等の名称:A Quantization Method of Recognition using Fractal Dimension Analysis of EEG
    発行年月:2007年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Shuhei Nishida, Sinya Okonogi, Toshio Hatada and Masahiro Nakagawa The 8th International Symposium on "Global Renaissance by Green Energy Revolution" January 22th, 2008. B104,pp.109
     
  162.   著書、学術論文等の名称:カオス・フラクタル感性情報工学(工業製品の第4パラダイムに向けて)
    発行年月:2008年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 映像情報メディア学会技術報告(招待講演) 2007年12月9日映情学技報、 Vol.31、NO.61,ISBN 1342-6893、(2008) pp.13-20
     
  163.   著書、学術論文等の名称:A Generalised Entropy based Associative Memory
    発行年月:2008年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 NLP 2008-18(2008) pp.109-114
     
  164.   著書、学術論文等の名称:フラクタル感性情報工学
    発行年月:2008年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 NLP2008-1,NC2008-11(2008-06),(沖縄) pp.1-6
     
  165.   著書、学術論文等の名称:フラクタル解析に基づいた筋肉の疲労度計測
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松岡義浩,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-32  2008年9月. vol.108,No.219 pp.31-36
     
  166.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析によるテニスラケットの感性解析
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-34,2008年9月 vol.108,No.219 pp.41-46
     
  167.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析に基づいた衣服の新規着衣感性評価方法
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Herr Vaxeng,丸山貴司,中川匡弘 信学技報,MBE2008-35 vol.108,No.219 
     
  168.   著書、学術論文等の名称:食事摂取時における生体信号のフラクタル解析
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:蛯名悠希,中川匡弘 電子情報通信学会,MEとバイオサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-36 vol.108,No.219 pp.53-58
     
  169.   著書、学術論文等の名称:フラクタルとエントロピーを用いた肌表面形状の定量的評価
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-37 vol.108,No.219 pp.59-64
     
  170.   著書、学術論文等の名称:有限要素法による等価心電双極子ダイナミクスの逆推定とカオス・フラクタル解析
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:村上克之,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス, 電子情報通信学会技術研究報告, MBE2008-41, Sep 2008. vol.108,No.219 pp.79-84
     
  171.   著書、学術論文等の名称:有限要素法による3D心電双極子逆推定問題解法
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス, 電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-42, Sep 2008. vol.108,No.219 pp.85-90
     
  172.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析による視覚・感性情報計測
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水俊裕,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-44 vol.108,No.219 pp.97-102
     
  173.   著書、学術論文等の名称:脳波の自己相似性に着目した嗅覚・触覚の感性解析
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐野俊文,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-45, 2008年9月 vol.108,No.219  pp.103-108
     
  174.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた聴覚刺激の感性評価
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:貝森晃司,中川匡弘 電子情報通信学会 MEとサイバネティックス研究会,電子情報通信学会技術研究報告,MBE2008-46, 2008年9月. vol.108,No.219 pp.109-114
     
  175.   著書、学術論文等の名称:脳波のマルチフラクタル性に基づいた視覚情報の感性評価
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:柴木優美 、中川匡弘 電子情報通信学会20年度信越支部大会IEEEセッション,平成20年度電子情報通信学会信越支部大会IEEEセッション講演論文集. 6B-1  pp.103
     
  176.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を用いた意思・感性情報の計測
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介、中川匡弘 電子情報通信学会20年度信越支部大会IEEEセッション,平成20年度電子情報通信学会信越支部大会IEEEセッション講演論文集. 6B-2  pp.104
     
  177.   著書、学術論文等の名称:アナログニューロン回路で構成したカオス振動ネットワーク
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中村雄一、山下洋輔、中川匡弘 平成20年度電子情報通信学会信越支部大会講演論文集 Sep. 2008 2B-1 pp.25
     
  178.   著書、学術論文等の名称:An Estimation Method of Cognitive States with Fractal Dimensions of EEG
    発行年月:2008年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Shuhei Nishida, Toshio Hatada and Masahiro Nakagawa the Proc. of 11th International Conference on Human and Computers, Nov. 21th, 2008. pp.195-200
     
  179.   著書、学術論文等の名称:On the Memory Capacity and Invariant MeasureOf Chaos Associative Models
    発行年月:2009年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 信学技報,CAS2008-71,NLP2008-101(2009-1) pp.41-46
     
  180.   著書、学術論文等の名称:Landau-de Gennes Theory and Nematodynamics
    発行年月:2009年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 信学技報 EID2008-74(2009) VOL.108No.421. pp.97-100
     
  181.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析に基づいた衣服の新規着衣感性評価方法
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Herr Vaxeng,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告,NLP2008-138(2009),  pp.37-41
     
  182.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析によるテニスラケットの感性評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司, 中川匡弘 電子情報通信学会 非線形問題研究会,電子情報通信学会技術研究報告,NLP2008-139,2009年2月 Vol.108 No.442 pp.43-48
     
  183.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析によるテニスラケットの感性評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司, 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, 2009年1月. pp.205-208
     
  184.   著書、学術論文等の名称:フラクタルとエントロピーを用いた肌表面形状の定量的評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎, 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009,2009年1月. pp.201-204
     
  185.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元とエントロピーによる肌の定量的評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎, 中川匡弘 電子情報通信学会 非線形問題研究会,電子情報通信学会技術研究報告,NLP2008-140,2009年2月 vol. 108,no. 442 pp. 49-54
     
  186.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析を用いたメタ認知状態の判別法
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:西田 周平, 畑田 敏雄, 中川 匡弘 電子情報通信学会技術研究報告 2009年2月28日. vol.108, no.442, NLP2008-141 pp.55-60
     
  187.   著書、学術論文等の名称:音楽タスクとレスト期間の分散プロットによるNIRS時系列信号解析
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本 育三郎, 名雪 佐知子, 中川 匡弘, 舘暲 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, (2009).  pp.87-90
     
  188.   著書、学術論文等の名称:聴覚におけるNIRS信号解析
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:栗本 育三郎, 名雪 佐知子, 中川 匡弘, 舘暲 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, (2009)  pp.9-15
     
  189.   著書、学術論文等の名称:連続時間リカレントニューラルネットワークにおける力学系の近似―非自励系への拡張と近似の延長条件―
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中村雄一、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告,ニューロコンピューティング研究会,NC2008-141 Mar. 2009.  pp.225-230
     
  190.   著書、学術論文等の名称:テニスラケット打球感のフラクタル感性計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小西一樹、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009,2009年1月. pp.209-212
     
  191.   著書、学術論文等の名称:光感性・脳機能計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐瀬巧、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009,2009年1月.  pp.213-216
     
  192.   著書、学術論文等の名称:味覚刺激の感性解析
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐藤友哉、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, 2009年1月. pp.217-220
     
  193.   著書、学術論文等の名称:カオスリカレントニューラルネットによる学習・予測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009,2009年1月. pp.221-224
     
  194.   著書、学術論文等の名称:フラクタル理論に基づいたBCIの開発
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:廣瀬耕平、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009,2009年1月. pp.225-228
     
  195.   著書、学術論文等の名称:高次相関係数を用いた光トポグラフィによる感性情報計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:村上 克之, 中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan 2009. pp.193-196
     
  196.   著書、学術論文等の名称:食事摂取時における生体信号のフラクタル解析
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:蛯名 悠希,中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009 pp.197-200
     
  197.   著書、学術論文等の名称:フラクタル解析に基づいた筋肉の疲労度計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:松岡義浩,中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム、2009年1月. pp.189-192
     
  198.   著書、学術論文等の名称:周期的活性化関数を持つニューラルネットワークの原理的能力について ―関数近似と力学系の生成―
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中村雄一、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009講演論文集 Jan. 2009. P-39 pp.229-232
     
  199.   著書、学術論文等の名称:大脳皮質におけるヘモグロビン濃度と脳波複雑性変化の相互関係について
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐瀬巧,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE2009-3(2009-5) pp.9-14
     
  200.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子ダイナミクスの逆推定に関する研究
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE2009-4(2009-5) pp.15-20
     
  201.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を用いた感性・心理計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告MBE2009-6(2009-5) pp.27-31
     
  202.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析によるテニスラケットの感性評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司, 中川匡弘 生理・生体シンポジウム 2009-09-24 1C3-5 pp.145-148
     
  203.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を用いた感性・心理計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介,中川匡弘 生理・生体シンポジウム 2009-09-24 1C3-6 pp.149-152
     
  204.   著書、学術論文等の名称:筋肉への負荷の変化に対応した時間依存フラクタル解析
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:白清 学,中川匡弘 生理・生体シンポジウム 2009-09-26 3C2-3 pp.391-394
     
  205.   著書、学術論文等の名称:脳波・近赤外計測における時空間ダイナミクスの相関性
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐瀬巧,中川匡弘 生理・生体シンポジウム 2009-09-26 3C3-3 pp.409-412
     
  206.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子ダイナミクスの逆推定に関する研究
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正,中川匡弘 生理・生体シンポジウム 2009-09-26 3C3-4 pp.413-416
     
  207.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析を用いたメントール配合シャンプーの感性評価
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:橋本公男,上田俊吾(サンスター(株)研究開発部),丸山貴司,中川匡弘(長岡技術科学大学工学部) 感性工学会2009 2009-09-8~10 P-13(ポスター)
     
  208.   著書、学術論文等の名称:Landau-de Gennes理論に基づいたネマトダイナミクス (Nematodynamics based on Landau-de Gennes Theory )
    発行年月:2009年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川 匡弘 液晶討論会2009 2009-9-14 (農工大) 2c11
     
  209.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析を用いた認知状態の推定法
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:西田 周平,畑田 敏雄,中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan, 26 2009. pp.169-172
     
  210.   著書、学術論文等の名称:A Novel Bioassay System with Fractal Analysis
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Kittiwann Nimkerdphol and Masahiro Nakagawa 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan, 27 2009. pp.177-180
     
  211.   著書、学術論文等の名称:Chaos and Fractal Analyses of Human Brain Activities for Brain Computer Interface
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:TNiNi Soe and Masahiro Nakagawa 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan, 27 2009. pp.181-184
     
  212.   著書、学術論文等の名称:On the Chaos and Multi-fractal Analyses of Near-Infrared Spectroscopy to understand the Human Brain Functions
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Truong Quang Dang Khoa, Yuichi Nakamura and Masahiro Nakagawa 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan, 27 2009. pp.173-176
     
  213.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析に基づいた衣服に新規着衣感性評価方法
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Herr VAxeng 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009, Jan, 27 2009. pp.197 - 200
     
  214.   著書、学術論文等の名称:A Novel Chaos Associative Memory with Tchebycheff Activation Function
    発行年月:2009年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川 匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2009-101(2009-5)2009_11/11-11/14, Yakushima pp.109-114
     
  215.   著書、学術論文等の名称:音声のマルチフラクタル性
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:貝森晃司、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会 7B-4、124(2009)  
     
  216.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を用いた意思の計測
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会、7C-2、127(2009) 
     
  217.   著書、学術論文等の名称:肌のフラクタル性の統計的性質
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎、高橋友子、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会、7C-3、128(2009) 
     
  218.   著書、学術論文等の名称:メタ認知能力向上のための脳波フラクタル次元解析によるバイオフィードバック手法の提案
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:西田 周平, 畑田 敏雄, 中川 匡弘  2009年度研究報告「eラーニング環境のデザインとHRD(Human Resource Development)/一般」2009年11月20日 vol24, No.1  pp.1-8
     
  219.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析によるメタ認知判別法の提案
    発行年月:2009年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:西田 周平, 畑田 敏雄, 中川 匡弘 日本認知科学会第26回大会 2009年9月10日 pp378-389
     
  220.   著書、学術論文等の名称:メタ認知能力向上のための脳波フラクタル次元解析によるバイオフィードバック手法の提案
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:西田 周平, 畑田 敏雄, 中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月26日 (長岡技大) G-2 pp.51-58
     
  221.   著書、学術論文等の名称:上肢の筋音信号に対する時間依存フラクタル解析
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:白清 学,中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日 (長岡技大) P-18 pp.119-122
     
  222.   著書、学術論文等の名称:独立成分分析を用いた異物検出に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐々木拓郎, 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-19 pp.123-126
     
  223.   著書、学術論文等の名称:フラクタル理論に基づいた感性計測とその応用
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:丸山貴司, 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-20 pp.127-130
     
  224.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子逆推定問題に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正,中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-21 pp.131-134
     
  225.   著書、学術論文等の名称:脳波フラクタル性を用いた意思・感性の計測
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介,中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-22 pp.135-138
     
  226.   著書、学術論文等の名称:音声マルチフラクタル性
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:貝森晃司、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-23 pp.139-142
     
  227.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元解析に基づいたストループ試験における衣服の着衣感評価法
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:Herr VAxeng、中村雄一、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-24 pp.143-146
     
  228.   著書、学術論文等の名称:肌表面形状の定量的評価に関する光学的解析
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:内野和樹、佐々木拓郎, 中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-25 pp.147-150
     
  229.   著書、学術論文等の名称:リカレントニューラルネットワークによる非自励系の近似
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中村雄一、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010 2010年1月25-26日(長岡技大) P-26 pp.151-154
     
  230.   著書、学術論文等の名称:多項式関数を近似する3層ニューラルネットワーク構造の計算
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中村雄一、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NC2009-167(2010-3) pp.467-472
     
  231.   著書、学術論文等の名称:脳波フラクタル性を用いた意思・感性の計測
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:安倍大介,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2009-173(2010-3) pp.87-90
     
  232.   著書、学術論文等の名称:音声マルチフラクタル性
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:貝森晃司、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2009-180(2010-3) pp.125-130
     
  233.   著書、学術論文等の名称:3D心電逆推定問題について
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正,中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告NLP2009-160(2010-3) pp.15-20
     
  234.   著書、学術論文等の名称:有限要素法に基づいた3D心電双極子逆推定に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告(宮城) MBE2010-50 Vol.110 No.294 pp.81-86.

  235.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子逆推定問題について
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告(東京) NLP2009-160 Vol.109 No.458 pp.15-20.

  236.   著書、学術論文等の名称:有限要素法に基づいた3D心電逆推定に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟)7B-3 p.111.

  237.   著書、学術論文等の名称:ニューラルネットワークの活性化関数の傾き学習による学習成功率の向上について
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟)pp.151.

  238.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子逆推定問題に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2010(新潟) pp.131-134.

  239.   著書、学術論文等の名称:3D心電双極子逆推定問題に関する研究
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 日本高専学会第16回年会講演会(新潟) pp.169-170.

  240.   著書、学術論文等の名称:音楽タスクと脳波の短時間確立共鳴について
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、栗本育三郎、東雄二、中川匡弘 日本高専学会第16回年会講演会(新潟)、pp.155-156.

  241.   著書、学術論文等の名称:1/fのゆらぎを持つ音楽と脳波の時間軸上での短時間確率共鳴について
    発行年月:2010年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、栗本育三郎、東雄二、中川匡弘 日本福祉工学会第14回学術講演会(岩手) pp.77-78.

  242.   著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル次元推定法による生体信号の特徴抽出
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告(東京) NLP2011-182 Vol.110 No.465 pp.111-116.

  243.   著書、学術論文等の名称:階層型ニューラルネットワークによるカオスダイナミクスの学習
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) pp.127 8A-3.

  244.   著書、学術論文等の名称:GPGPUによるリアプノフスペクトラム解析の高速化
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) p. 56.

  245.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析による脳直結型車椅子制御に関する検討
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:島田悟、内野和樹、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) p.121.

  246.   著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル次元推定法による生体信号の特徴抽出
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.279-282.

  247.   著書、学術論文等の名称:階層型ニューラルネットワークの活性化関数の適応的学習とその効果
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) 9C-1 pp.299-302.

  248.   著書、学術論文等の名称:ピアノ演奏中のNIRS時系列信号解析
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、栗本育三郎、垣浪文美香、佐瀬巧、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.109-112.

  249.   著書、学術論文等の名称:階層型ニューラルネットワークの活性化関数の適応的学習とその効果
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 電子情報通信学会技術研究報告 NLP非線形問題 Vol.110 No.465 pp.159-162.

  250.   著書、学術論文等の名称:大脳皮質におけるヘモダイナミクス立体観察システムの開発
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、吉田幸弘、栗本育三郎、中川匡弘 長岡技術科学大学電気系教員交流集会 p.6.

  251.   著書、学術論文等の名称:大脳皮質におけるヘモダイナミクス立体観察システムソフトウェアの開発
    発行年月:2011年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、吉田幸弘、民内元康、栗本育三郎、中川匡弘 日本福祉工学会第15回学術講演会(山梨) pp.71-72.

  252.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた犬の嗅覚感性計測に関する研究
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、武田美咲、中川匡弘、鈴江光良 第14回日本感性工学会全国大会(東京)

  253.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル次元推定におけるアーティファクト検出手法
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:内野和樹、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7C-1.

  254.   著書、学術論文等の名称:脳波と脳血流の同時計測によるフラクタル次元解析
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田 将士、 中川 匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7C-2.

  255.   著書、学術論文等の名称:関数回帰に基づいたエネルギー保存系におけるラグランジュ関数推定法の提案
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋 正、中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.279-282.

  256.   著書、学術論文等の名称:N点出力回帰型リカレントニューラルネットワークによるカオス時系列の学習・予測
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.295-308.

  257.   著書、学術論文等の名称:脳血流ダイナミックス表示システムの開発-ピアノ学習過程での検証-
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田 将士、栗本 育三郎、垣浪 文美香、佐瀬 巧、中川 匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.153-156.

  258.   著書、学術論文等の名称:AM変調音を用いた瞬膜反射条件付けにより示唆される小脳のタイミング学習の特性
    発行年月:2012年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、廣野守俊、本多武尊、内野和樹、山崎匡、安西真理、北澤宏理、中川匡弘、永雄総一 第35回日本神経科学大会(愛知) p. 224.

  259.   著書、学術論文等の名称:ガム咀嚼による集中への効果について
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報 MBE2013-56 pp. 113-118.

  260.   著書、学術論文等の名称:脳波のカオス・フラクタル性に基づいた認知状態・脳機能計測に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:島田悟、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報 MBE2013-59 pp. 131-136.

  261.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析を用いた多機能電話の操作性評価に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:角田拓也、猪又広樹、田村進一、富田正則、須藤直人、小林徹、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報 MBE2013-50 pp.77-82.

  262.   著書、学術論文等の名称:脳波とヘモダイナミズムの相関性に着目した解析手法の提案
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、近藤竹雄、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-58 pp.125-130.

  263.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析による視覚刺激の判別
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:渡會慶次、近藤竹雄、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-52 pp.89-94.

  264.   著書、学術論文等の名称:生体情報計測に基づいた3DTV視聴時の感性計測
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水正大、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-38 pp.13-16.

  265.   著書、学術論文等の名称:クラシック音楽を聴いた時の脳活動とそのクロスモダリティに関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:武田美咲、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-54 pp. 101-105.

  266.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を利用したBCIへのドライ電極導入評価
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:齋藤諒太、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-51 pp.83-88.

  267.   著書、学術論文等の名称:脳波の複数の帯域に注目した感性フラクタル解析手法(Emotion Fractal Analysis Method : EFAM)の提案
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:六ケ所洋平、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報IEICE-MBE2013-53 pp.95-100.

  268.   著書、学術論文等の名称:GPUによるカオス解析の高速化に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:ウォンキンイン、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 1A-1.

  269.   著書、学術論文等の名称:多数決型の感性近赤外光解析法(Emotion Near Infrared Analysis System : ENIAS)の検討
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水正大、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7A-4.

  270.   著書、学術論文等の名称:脳ダイナミクスのフラクタル性を用いたブレインアフェクティブインターフェースに関する基礎研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:多田周作、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7A-5.

  271.   著書、学術論文等の名称:脳波のアーティファクト除去に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:高橋広樹、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7B-1.

  272.   著書、学術論文等の名称:脳波の時間周波数応答に基づいた認知状態・脳機能計測に関する検討
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:島田悟、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7B-3.

  273.   著書、学術論文等の名称:短時間視覚刺激における事象関連電位検出とフラクタル次元解析の検討
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:渡會慶次、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7C-1.

  274.   著書、学術論文等の名称:クラシック音楽を聴いた時の視覚と聴覚におけるクロスモダリティ
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:武田美咲、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟)、7C-2.

  275.   著書、学術論文等の名称:計算タスクにおける正答率と脳波のフラクタル性の関係について
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7D-1.

  276.   著書、学術論文等の名称:感性フラクタル解析手法(Emotion Fractal Analysis Method : EFAM)におけるフラクタル次元推定に関する考察
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:六ケ所洋平、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7D-2.

  277.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性を利用したBCIへのドライ電極の適用
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:齋藤諒太、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 7D-3.

  278.   著書、学術論文等の名称:サポートベクター回帰に基づいたエネルギー保存系におけるラグランジュ関数推定法
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大橋正、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.323-326.

  279.   著書、学術論文等の名称:回帰学習を用いたカオス時系列の学習・予測に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清大輔、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp. 327-330.

  280.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性とタスク強度の関係性について
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp. 343-346.

  281.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた犬嗅覚感性計測に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、武田美咲、中川匡弘、鈴江光良 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp. 347-350.

  282.   著書、学術論文等の名称:フラクタル次元解析による脳直結型車椅子制御に関する検討
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:島田悟、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp. 351-354.

  283.   著書、学術論文等の名称:聴覚刺激に対する脳活動部位推定に関する研究
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:角田拓也、中川匡弘 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム(新潟) pp. 355-358.

  284.   著書、学術論文等の名称:GPGPUによるリアプノフスペクトラム解析の高速化
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:揖斐拓人、中川匡弘 GPGPUコンピューティングシンポジウム(長岡)

  285.   著書、学術論文等の名称:GPUによるカオス解析の高速化
    発行年月:2013年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:WONG KING YING、中川匡弘 GPGPUコンピューティングシンポジウム p.39-43.

  286.   著書、学術論文等の名称:BCIへの応用を目的とした視覚刺激に対する脳波の周波数応答とフラクタル解析の試み
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:渡會慶次、中川匡弘 ヒューマン情報処理研究会(東京) 信学技報HIP2013-99 pp.107-112.

  287.   著書、学術論文等の名称:ヘモダイナミズム及び脳波計測による感性解析の簡易化に向けた検討
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水正大、六ケ所洋平、中川匡弘 ヒューマン情報処理研究会(東京) 信学技報HIP2013-95 pp.83-87.

  288.   著書、学術論文等の名称:NIRSを用いた共感度の定量化に関する研究
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:武田美咲、中川匡弘 ヒューマン情報処理研究会(東京) 信学技報HIP2013-86 pp. 41-46.

  289.   著書、学術論文等の名称:脳波・脳血流同時計測インターフェースのハードウェア開発
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:齋藤諒太、中川匡弘 ヒューマン情報処理研究会(東京) 信学技報HIP2013-102 pp.123-128.

  290.   著書、学術論文等の名称:可聴帯域を超えた聴覚刺激に対する感性計測
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐久間平輝、中川匡弘 第16回日本感性工学会大会(東京) B15.

  291.   著書、学術論文等の名称:ガム咀嚼による集中への効果について
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐久間平輝、中川匡弘 第16回日本感性工学会大会(東京) D65.

  292.   著書、学術論文等の名称:前腕の筋電のフラクタル次元と慣性計測による疲労感に関する研究
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水健市、中川匡弘 第16回日本感性工学会大会(東京) D64.

  293.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性に基づいたひらめき検出
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:町田幸平、中川匡弘 第16回日本感性工学会大会(東京) D63.

  294.   著書、学術論文等の名称:NIRSを用いた形状認識・脳機能計測に関する検討
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:WONG KING YING、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(長野) 8D-1.

  295.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に関する研究
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:高橋広樹、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(長野) 8C-3.

  296.   著書、学術論文等の名称:ヘモダイナミズムのフラクタル性を用いたブレインアフェクティブインターフェースに関する基礎研究
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:多田周作、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(長野) 8D-4.

  297.   著書、学術論文等の名称:正準相関解析を用いた光電融合型スマートセンシングに関する検討
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(長野) 8D-3.

  298.   著書、学術論文等の名称:電動車椅子のBCI制御
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林伸彰、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(宮城) 信学技報MBE2014-59 pp.5-10.

  299.   著書、学術論文等の名称:電動車椅子の動作速度を可変とするBCI制御
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林伸彰、中川匡弘 信学技報 非線形問題研究会(東京) 信学技報NLP2014-106 pp.41-46.

  300.   著書、学術論文等の名称:電動車椅子のBAI制御
    発行年月:2014年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林伸彰、中川匡弘 Japan ATフォーラム講演 OR-2 pp.21-22.

  301.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性に基づいたペットボトルの感性計測
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、高橋広樹、多田周作、黄敬永、岡田和也、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報MEB2015-30 p.29-32.

  302.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた飲料の感性評価法
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:高橋広樹、 多田周作、ウォンキンイン、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報MEB2015-31 pp.33-38.

  303.   著書、学術論文等の名称:脳波解析に基づいた超可聴音源の感性計測
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐久間平輝、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(新潟) 信学技報MEB2015-32 p.39-44.

  304.   著書、学術論文等の名称:相互情報量と相互相関関数を用いた筋電と筋音の時間差の推定
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:角田拓也、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(宮城)

  305.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた飲料の感性評価法
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:高橋広樹、多田周作、ウォンキンイン、中川匡弘 第10回日本感性工学会春季大会(京都) 3B-02.

  306.   著書、学術論文等の名称:脳波解析に基づいた超可聴音源の感性計測
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:佐久間平輝、中川匡弘 第10回日本感性工学会春季大会(京都) 2A-05.

  307.   著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル解析と多重RVMによる感性解析
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、武田美咲、高橋広樹、佐久間平輝、小田健太郎、川副智行、中川匡弘 第17回日本感性工学会大会(東京) ポスターセッションP40.

  308.   著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル解析と多重RVMによる感性識別の化粧品領域への応用
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小田健太郎、川副智行、池田将士、武田美咲、高橋広樹、佐久間平輝、中川匡弘 第17回日本感性工学会大会(東京) ポスターセッションP41.

  309.   著書、学術論文等の名称:正準相関解析に基づく光電融合型の感性スマートセンシング
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、中川匡弘 電子情報通信学会全国大会(滋賀) 基礎・境界ソサイエティA-15-18.

  310.   著書、学術論文等の名称:電動車椅子のBAI制御
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林伸彰、中川匡弘 電子情報通信学会全国大会(滋賀) 基礎・境界ソサイエティA-15-5 p.195.

  311.   著書、学術論文等の名称:マルチフラクタル解析を用いた光感性計測技術の開発
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:大畠惇暉、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 5C-4.

  312.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性に基づいたロボットのBAI 制御技術
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:平大生、中川匡弘 電子情報通信学会信越支部大会(新潟) 5D-1.

  313.   著書、学術論文等の名称:光電融合型の感性スマートセンシングに関する基礎的検討
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:池田将士、中川匡弘 生体・感性及び高度情報処理シンポジウム(新潟) pp.98-103.

  314.   著書、学術論文等の名称:要介護者のQOL改善に向けた電動車椅子のBCI制御
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:小林伸彰、中川匡弘 生体・感性および高度情報処理シンポジウム(新潟) p.21-26.

  315.   著書、学術論文等の名称:相互情報量と相互相関関数を用いた筋電と筋音の時間差の推定
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:角田拓也、中川匡弘 MEとバイオサイバネティックス研究会(宮城) 信学技報MBE2015-60p.37-42

  316.   著書、学術論文等の名称:NIRS計測による学習時のリラックス法と集中力持続との関連調査
    発行年月:2015年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:神原寛昭、栗本育三郎、小林 伸彰、柳谷 俊一、森谷 健二、中川 匡弘 平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会(北海学園大学)

  317.   著書、学術論文等の名称:リラックス法が学習時の集中力持続に与える影響
    発行年月:2016年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:神原寛昭、栗本育三郎、小林 伸彰、柳谷 俊一、森谷 健二、中川 匡弘 函館工業高等専門学校紀要 第50号、pp.21-25

  318.   著書、学術論文等の名称:脳波信号のフラクタル解析による咀嚼効果の評価
    発行年月:2016年
    単著、共著:単著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:中川匡弘 第11回日本感性工学会春季大会論文集、G1-6、pp.1-4

  319.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル性に基づいた歯科治療における不快刺激の定量化
    発行年月:2016年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:町田幸平、中川匡弘 第18回日本感性工学会大会(日本女子大学)A55

  320.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいた疑問・認知の検出に関する研究
    発行年月:2016年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:清水健市、中川匡弘 第18回日本感性工学会大会(日本女子大学)E11

  321.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析に基づいたカワイイの感性計測
    発行年月:2016年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:酒井智宏、小池和摩、篠原史也、吉岡美波、中川匡弘 第18回日本感性工学会大会(日本女子大学)G22

  322.   著書、学術論文等の名称:学習時における休憩時の行動の違いによるリラックス効果の調査
    発行年月:2016年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:石垣椎大、神原寛昭、栗本育三郎、中川匡弘、森谷健二 平成28年度JapanATフォーラム(神戸)PS-35

  323.   著書、学術論文等の名称:統計力学にもとづく環境因子・住環境予測モデルの構築
    発行年月:2017年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:雑賀洋平、中川匡弘 日本物理学会第72回年次大会(大阪大学)17aB11-10

  324.   著書、学術論文等の名称:脳波のフラクタル解析を用いた味覚の感性評価
    発行年月:2017年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:平大生、中川匡弘 第19回日本感性工学会大会(筑波大学)E42

  325.   著書、学術論文等の名称:音楽種の違いは休憩時のリラックス効果に影響するか?
    発行年月:2017年
    単著、共著:共著
    発行所、発表雑誌等又は発表学会等の名称:森谷健二、栗本育三郎、江崎修央、浜克己、中川匡弘 日本福祉工学会九州支部大会2017(北九州)、 論文集pp.18-19(ISSN2432-4590)

このページの先頭に戻る↑

III. Review

総説

  1.  中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)単書
    「Chaos and Fractals in Engineering」
    World Scientific,Inc.(3500部発行)、1999年3月発行

  2.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)単書
    「液晶相転移(分子論的アプローチ)」
    Springer-Verlag.(2000部発行)、 2001年9月発行

  3.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)単書
    「カオス・フラクタル感性情報工学」
    日刊工業新聞社(2500部発行)、2010年6月発行

  4.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者77名)
    「次世代ヒューマンインタフェース 開発最前線」
    エヌ・ティー・エス(800部発行)、2013年6月発行

  5.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者103名)
    「顧客も気づいていない 将来ニーズの発掘と新製品開発への活用」
    技術情報協会(600部発行)、2013年8月発行

  6.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者92名)
    「官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法」
    技術情報協会(600部発行)、2014年6月発行

  7.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者47名)
    「五感インタフェース技術と製品開発 事例集」
    技術情報協会、2016年12月発行

  8.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者27名)
    「製品開発のための生体情報の計測手法と活用ノウハウ」
    技術情報協会、2017年3月発行

  9.  中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者58名)
    「生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用」
    技術情報協会、2017年6月発行

IV. Media

テレビ

  1.  2006年7月20日放送
    新潟総合テレビ、「新潟一番」

  2.  2006年11月22日放送
    テレビ新潟、「長岡市市政100周年記念事業産業・ロボット展」

  3.  2009年5月6日放送
    NHK、「アインシュタインの眼」

  4.  2009年6月7日放送
    NHK World、「Beyond the Naked Eye」

  5.  2009年7月24日放送
    新潟総合テレビ、「新潟一番」

  6.  2010年1月12日放送
    テレビ東京、「大木&青木がドッキドキ!!仰天パニックシアター3 まさかの瞬間ビビる60連発!!」

  7.  2010年3月16日放送
    新潟放送、「イブニング王国!」

  8.  2010年5月9日放送
    NHK、「おはよう日本」

  9.  2010年5月13日放送
    新潟総合テレビ、「FNNスーパーニュース」

  10.  2010年7月12日放送
    長岡ケーブルテレビ、「テクノ探検隊」
    (再放送日:7月14日、7月16日、7月19日、7月21日、7月23日、7月26日、7月28日、7月30日)

  11.  2010年10月28日放送
    日本テレビ、「ズームインSUPER」

  12.  2011年3月1日放送
    NHK、「爆笑問題のニッポンの教養」

  13.  2011年11月26日放送
    関西テレビ、「未来コーナル大学」

  14.  2011年12月29日放送
    TBS、「みんなで作る百科辞典!ゆるペディア」

  15.  2013年10月6日放送
    BS-TBS、「週刊BS-TBS報道部」

  16.  2014年3月14日放送
    長岡ケーブルテレビ、「まちなかキャンパス」

  17.  2014年9月30日放送
    新潟放送、「Nスタにいがた」

  18.  2014年10月16日放送
    長岡ケーブルテレビ、「ほっと11・木」

  19.  2014年11月28日放送
    NHK、「おはよう日本」

  20.  2015年6月2日放送
    長岡ケーブルテレビ「ほっと11」

  21.  2015年11月30日放送
    新潟総合テレビ、「みんなのニュース」

  22.  2016年3月25日放送
    テレビ新潟「新潟一番」

  23.  2016年12月14日放送
    新潟総合テレビ、「みんなのニュース」

  24.  2016年12月20日放送
    新潟放送、「ゆうなび」

  25.  2017年7月21日放送
    新潟放送、「ゆうなび」

  26.  2017年9月14日放送
    AbemaPrime(アベマプライム)、「コーナー:池澤あやかの“イケ変”見つけた」

ウェブ

  1.  2008年5月15日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、脳波から人の感性を即時計測するシステム開発」
    http://robonable.typepad.jp/news/2008/05/20080515-eba6.html

  2.  2008年11月21日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、光りを使って感性を計測するシステム開発、福祉やロボに応用」
    http://robonable.typepad.jp/news/2008/11/20081121-f2d7.html

  3.  2009年3月2日掲載
    サンスター、「ロングセラー爽快シャンプーがさらに機能性アップ ジンジャーエキスを新配合、シークヮーサーの香り強化により極上の爽快感がつづく 『サンスタートニックシャンプー』 改良新発売」
    http://jp.sunstar.com/7.0_press/2009details/2009_0302.html

  4.  2009年3月20日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、感性の数値化をより簡易に、2電極で脳波計測が可能」
    http://robonable.typepad.jp/news/2009/03/20090320-2-0fe4.html
  5.  2009年7月21日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、感情を想起したときの脳波を用いたロボット制御技術を開発」
    http://www.robonable.jp/news/2009/07/20090721-ab25.html

  6.  2009年10月掲載
    JST News、「ボールを打ったときの心地よさを「脳波」の解析によって追求!爽快な打球感を持つ“気持ちいい”テニスラケットを開発!」
    http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2009/2009-10/page04.html

  7.  2009年7月21日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、感情を想起したときの脳波を用いたロボット制御技術を開発」
    http://www.robonable.jp/news/2009/07/20090721-ab25.html

  8.  2011年2月21日掲載
    サンスター、「進化した新「サンスタートニック シャンプー」グレードアップした清涼感・頭皮洗浄力でスカッと爽快に洗い上げる「サンスタートニック シャンプー」 改良新発売」
    http://jp.sunstar.com/7.0_press/2011details/2011_0221.html

  9.  2010年3月23日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、人間の脳波で電動車椅子を動かすことに成功、抱いた感情から脳波を解析」
    http://www.robonable.jp/news/2010/03/23nagaoka.html

  10.  2010年8月23日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大の中川教授、喜びや怒りなど感性を光で計測してロボを制御する技術開発」
    http://www.robonable.jp/news/2010/08/23nagaoka.html

  11.  2011年7月27日掲載
    ユニ・チャーム、「脳波診断から生まれた香りつきパンティライナー 『ソフィKiyoraフレグランス』新発売」
    http://www.unicharm.co.jp/company/news/2011/1190055_1691.html

  12.  2011年3月9日掲載
    ロボナブル、「長岡技科大、脳波で車椅子を制御する研究を発展、感情の強さで速度を変化」
    http://www.robonable.jp/news/2011/03/09nagaoka.html

  13.  2011年7月27日掲載
    JPubb,「香りつきパンティライナー『ソフィ Kiyora フレグランス』新発売」
    http://www.jpubb.com/press/282880/

  14.  2012年3月1日掲載
    DELL Website「最先端の研究環境整備と将来の人材育成を目的にGPUコンピューティングに着目 厳しい用件を満たす唯一無二の選択肢だったDell PowerEdge C サーバ」

  15.  2012年9月20日掲載
    ユニ・チャーム、「脳波測定で生まれた『ソフィ Kiyoraフレグランス』が第13回日本感性工学会大会『優秀発表賞』を初受賞?2012年8月30日(木)東京電機大学 東京千住キャンパスにて授賞式?」
    http://www.unicharm.co.jp/company/news/2012/1191820_1692.html
    ※ 同日、同内容で、朝日新聞デジタル他にて転載【他39件】
    http://www.asahi.com/business/pressrelease/ATP201209200012.html【他38件】

  16.  2012年9月20日掲載
    JChere中国ニュース、「ソフィ Kiyoraフレグランス」
    http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-1965922.htm#.UGQwd65i1GM

  17.  2012年9月20日掲載
    快適家電Life、<『ソフィ Kiyoraフレグランス』シリーズ>快適家電Life
    http://www.kaiteki-kadenlife.com/topics/topics_005/526823.html

  18.  2012年9月24日掲載
    美容健康ニュース、「脳波測定を利用した「ソフィKiyoraフレグランス」 第13回日本感性工学会大会で「優秀発表賞」を受賞」
    http://beauty-health-news.com/1931.html

  19.   2014年9月19日掲載
    Phileweb、「ハイレゾを聴くと「脳が快感を感じる」? 電通サイエンスジャムが実験」
    http://www.phileweb.com/news/hobby/201409/19/1464.html

  20.  2014年9月19日掲載
    マイナビニュース家電fan、「音楽をハイレゾで聴くと快感が増幅する? 電通サイエンスジャム調査」
    http://news.mynavi.jp/news/2014/09/19/418/
    ※ 同日、同内容で、Yahoo!ニュース他にて転載 【他10件】
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000159-mycomj-sci【他9件】

  21.  2014年9月19日掲載
    PRTIMES、「人々がハイレゾを求める理由は、脳にあった?耳  だけではなく、脳が聴き取る“ハイレゾ”の魅力が発見された!脳はハイレゾ音源で「快感」に包まれることが判明」
    http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000011299.html
    ※ 同日、同内容で、現代ビジネス他にて転載 【他30件】
    http://gendai.ismedia.jp/ud/pressrelease/541ba03bb31ac94c7700000b 【他29件】

  22.  2014年9月22日掲載
    japainternet.com、「ハイレゾ音源はヘッドホンで聴いても脳に効果がある? ― 電通サイエンスジャムと長岡技術科学大学が実験」
    http://internetcom.jp/busnews/20140922/high-resolution-audio-will-work-even-if-you-use-headphone.html
    ※ 同日、同内容で、gooニュース他で転載 【他10件】
    http://news.goo.ne.jp/article/internetcom/trend/internetcom-20140922001.html【他9件】

  23.  2014年9月23日掲載
    @DIME、「ハイレゾ音源を聴くと、脳は“快感”に包まれる?」
    ※ 同日、同内容で、Yahoo!ニュースで転載 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010009-dime-sci

  24.  2014年9月25日掲載
    App Woman、「癒し効果が200%!最近はやりの「ハイレゾ音源」って何?」
    http://appwoman.jp/archives/85321
    ※ 同日、同内容で、Yahoo! Beauty他で転載 【他15件】
    http://beauty.yahoo.co.jp/app/articles/38110 【他14件】

  25.  2014年9月25日掲載
    slashdot、「「鼓膜では聞き取れない高周波を含むハイレゾ音源」を聞くと脳はより多くの快感を感じる?」
    http://slashdot.jp/index2.pl?fhfilter=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%BE%E3%80%80%E8%84%B3
    ※ 同日、同内容で、財経新聞他で転載 【他2件】
    http://www.zaikei.co.jp/article/20140925/215250.html【他1件】

  26.  2014年9月25日掲載
    ガレマ、「【新事実】『ハイレゾ』の魅力が発見される!! 脳は「ハイレゾ音源」で"快感"に包まれることが判明!!」
    http://garema.jp/newsDetail/5477/

  27.  2014年9月26日掲載
    LIFE&BEAUTY REPORT、「美肌になりたいなら聴いてみて!脳は●●音源で「快感」に包まれることが判明!」
    http://lbr-japan.com/2014/09/26/55262/
    ※ 同日、同内容で、マイナビ ウーマン他で転載 【他12件】
    http://woman.mynavi.jp/article/140926-254/ 【他11件】

  28.  2015年4月17日掲載
    PRTIMES、「紅茶によってときめき感が最大約30%アップ! 紅茶と暮らし研究所×長岡技術科学大学 ときめき脳波測定実験」
    http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013511.html
    ※ 同日、同内容で、朝日新聞デジタル他で転載 【他23件】
    http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201512876.html 【他22件】

  29.  2015年4月17日掲載
    美容経済新聞、「紅茶で「ときめき感」が最大約30%アップ!」
    http://bhn.jp/news/39979

  30.  2015年4月17日掲載
    Work Master、「紅茶の香りがときめき誘発。キリンビバレッジ「紅茶と暮らし研究所」×「長岡技術科学大学」調査」
    http://www.work-master.net/201523861

  31.  2015年4月18日掲載
    マイナビスチューデント、「紅茶には、ときめきを強める力がある!?飲まずとも、香りだけで緑茶の8倍の効果!?キリンビバレッジ「紅茶と暮らし研究所」調べ?」
    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/3843
    ※ 同日、同内容で、livedoorニュース他で転載 【他8件】
    http://news.livedoor.com/article/image_detail/10020262/?img_id=8273498【他7件】

  32.  2015年4月21日掲載
    Menjoy!、「悪用禁止!気になる男性には「アレを飲ませてときめかせる」研究で判明」
    http://www.men-joy.jp/archives/174316
    ※ 同日、同内容で、NEWSポストセブン他で転載 【他12件】
    http://www.news-postseven.com/archives/20150421_318151.html【他11件】

  33.  2015年4月21日掲載
    WooRis、「カフェデートならコレ選んで!ドキドキの「ときめき感を生む」飲み物とは」
    http://wooris.jp/archives/136226
    ※ 同日、同内容で、VenusTap他で転載 【他13件】
    http://venustap.jp/archives/1488850【他12件】

  34.  2015年10月18日掲載
    Yahoo!ニュース「ハイレゾ普及に新展開? ファッション誌とのコラボなど、女性リスナーに向けた動きを探る」
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151018-00010005-realsound-ent

  35.  2015年11月18日掲載
    毎日新聞Web版「マスクインマウステープ 唇に貼り、集中力アップ 長岡技術科学大・中川教授が検証」
    http://mainichi.jp/articles/20151118/ddl/k15/040/014000c
    ※ 11月19日、同内容で、みんなのドラマで転載
    http://drama.nagoya/news_disp?dorama_id=5277

  36.  2015年11月26日掲載
    リセマム「お口にテープで集中力最大120%アップ…長岡技術科学大と共同研究」
    http://resemom.jp/article/2015/11/26/28171.html
    ※ 同日、同内容で、livedoor NEWS他で転載【他7件】 http://news.livedoor.com/article/detail/10879681/【他6件】
  37.  2015年12月3日掲載
    新潟日報モア「口にテープで記憶力アップ」
    http://www.niigata-nippo.co.jp/sp/news/national/20151203221188.html

  38.  2015年12月5日掲載
    NAVERまとめ「くちびるにテープを貼ると集中力がアップする!?」
    http://matome.naver.jp/odai/2144913902511968001

  39.  2016年2月1日掲載
    相模経済新聞Web版「BA合同会社、集中力向上に期待/産学連携「貼るマスク」」
    http://www.sokeinp.com/?p=11245

  40.  2016年6月30日掲載
    毎日新聞Web版「人の感情、その場で解析 長岡技術科学大教授が商品化 商品開発への活用期待」
    http://mainichi.jp/articles/20160630/ddl/k15/040/027000c

ラジオ

  1.  2015年5月30日放送、FM新潟、「長岡ひとまちアオーレ+1?アオラジ?」

教材

  1.  2012年4月1日発刊
    明治図書出版発行学習教材「よくわかる国語の学習1」p91
    「じゃんけんに負けないロボット」

  2.  2012年4月1日発刊
    明治図書出版発行学習教材「よくわかる国語の学習3」p75
    「じゃんけんに負けないロボット」

講演

  1.  2010年8月31日
    サマーセミナー2010((一社)精密工学会主催)
    「感性情報融合工学」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  2.  2010年9月11日
    公開講座(長岡技術大学主催)
    「カオス・フラクタルを通してヒトの心を推し量る」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  3.  2010年9月17日
    医用診断のための応用統計数理の新展開 II(案)(統計数理研究所主催)
    「カオス・フラクタル感性情報融合工学」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  4.  2010年10月1日
    Innovation JAPAN 2010((独)科学技術振興機構、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構主催)
    「カオス・フラクタル解析に基づく感性製品開発」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  5.  2010年10月14日
    産学官ビジネスフェア2010((株)日刊工業新聞社主催)
    「カオス・フラクタル感性情報融合工学」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  6.  2011年3月11日
    感性工学セミナー(日本テクノセンター主催)
    「カオス・フラクタル感性情報融合工学」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  7.  2011年5月15日
    体験講座(まちなかキャンパス長岡主催)
    「ココロを読む技術」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  8.  2011年9月21日
    Innovation JAPAN 2011((独)科学技術振興機構、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構主催)
    「脳活動のカオス・フラクタル性に基づいたBAI」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  9.  2011年11月3日
    システムデザインフォーラム2011(首都大学東京システムデザイン学部・研究科主催)
    「カオス・フラクタル感性情報融合工学?感性計測技術の創成とその実践?」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  10.  2012年3月6日
    第48回マーケティング総合大会((一社)日本能率協会主催)
    「感性情報融合工学とその実践(感性とテクノロジー)」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  11.  2012年7月14日
    夢ナビライブ講義((株)フロムページ 夢ナビ編集部主催)
    「カオス・フラクタル理論でヒトのココロを読み取れる!?」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  12.  2013年8月29日
    Innovation JAPAN 2013((独)科学技術振興機構、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構主催)
    「脳ダイナミクスの カオス・フラクタル性に基づいた スマートセンシング技術」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  13.  2013年10月12日
    第20回医用近赤外線分光法研究会(医用近赤外線分光法研究会主催)
    「近赤外分光法による光感性計測」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  14.  2014年10月2日
    凜舟体験会((株)ジェムインパクト主催)
    「脳機能解析とハイレゾ装置の感性計測」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  15.  2014年10月9日
    電子情報通信学会四国支部講演会((一社)電子情報通信学会主催)
    「カオス・フラクタル感性情報融合工学」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  16.  2014年10月30日
    スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2014((一社)日本機械学会主催)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性志向型スポーツ用品の開発事例紹介」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  17.  2015年4月23日
    技術情報協会セミナー((株)技術情報協会主催)
    「脳波のフラクタル解析を利用した商品開発事例」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  18.  2016年3月24日
    情報機構セミナー(㈱情報機構主催)
    「感性情報の計測・評価と製品開発への応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  19.  2016年4月20日
    トリケップスセミナー(㈱トリケップス主催)
    「感性情報の計測・評価と応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  20.  2016年6月10日
    長岡技術科学大学テクニカルパートナー研修(大光銀行主催)
    「長岡技術科学大学のシーズ活用事例について」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  21.  2016年10月4日
    トリケップスセミナー(㈱トリケップス主催)
    「感性情報の計測・評価と応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  22.  2016年11月1日
    "未来へのバイオ技術" 勉強会
    感性の評価と商品開発~触覚・かわいい感・脳機能~
    ((一財)バイオインダストリー協会主催)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性評価と製品開発」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  23.  2016年11月21日
    『 感性センシング技術分科会 』(一般社団法人 電子情報技術産業協会主催)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性評価と製品開発」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  24.  2016年3月3日
    えどがわ産学官金連携フォーラム((一社)コラボ産学官主催、信州大学)
    「脳波のフラクタル解析に基づいた感性評価と製品開発」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  25.  2016年3月15日
    トリケップスセミナー(㈱トリケップス主催)
    「感性情報の計測・評価と応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  26.  2016年3月17日
    情報機構セミナー(㈱情報機構主催)
    「感性情報の計測・評価と応用と製品開発への応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  27.  2017年7月3日
    技術セミナー(サイエンス&テクノロジー(株)主催)
    「感性情報の計測・評価と応用と製品開発への応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  28.  2017年7月27日
    テックデザインセミナー((株)テックデザイン主催)
    「感性情報の計測・評価と製品開発への応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  29.  2017年9月8日
    100周年記念「電子情報通信学会フォーラム」((一社)電子情報通信学会信越支部主催)
    「スマートセンシング技術と感性計測」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

  30.  2017年10月18日
    講演会((株)技術情報協会主催)
    「感性情報の計測・評価と製品開発への応用」
    講演者:中川匡弘(長岡技術科学大学教授)

雑誌

  1.  2006年発刊、電子機械工業会 解説記事
    「カオス・フラクタル情報数理工学(脳と自然に学ぶ)」

  2.  2007年1月1日発刊、行動人 1月2月合併号(p10-29)
    「「カオス・フタクタル理論」で需要を創造する (前編) 21世紀の新しい発想法に学ぶ 見えないものが見えてくる[五感マーケティング]」

  3.  2007年3月1日発刊、行動人 3月号(p4-19)
    「「カオス・フタクタル理論」で需要を創造する (後編) 「カオスの縁」は,創造の源 人間は情報を創造する.企業の 「カオスの縁」は,顧客接点.」

  4.  2007年8月1日発刊、e-コロンブス 8月号(p97)
    「カオス・フタクタル理論を応用して人間の感情を解析」

  5.  2008年5月1日発刊、日経マイクロデバイス(p 92-93)
    「人の感性をリアルタイムで数値化 ディスプレイの見え方を客観的に評価」

  6.  2009年10月1日発刊、JST News Vol.6 No.7 10月号(p5)
    「ボールを打ったときの心地よさを「脳波」の解析によって追求! 爽快な打球間を持つ"気持ちいい"テニスラケットを開発!」

  7.  2010月7月1日発刊、トランジスタ技術 7月号(p196-197)
    「数十μVの脳波から人の気持ちを推し量る」

  8.  2011年10月10日発刊、日経ビジネス(p46)
    ニッポンの稼げる技術100選「日本が超能力を売る日」

  9.  2012年6月15日発刊、SELF BRAND(p65)
    「脳波で動く車いすを可能にしたカオス・フラクタル理論」

  10.  2013年8月15日発刊、産学官連携ジャーナル(p31-32)
    「長岡技術科学大学+ユニ・チャーム株式会社 世の中のニーズを肌で感じる」

  11.   2016年10月20日発刊、研究開発リーダー vol.13 No.7 10月号(p1-10)
    「新商品開発における脳科学の活用~その進化と研究最前線~」

新聞

  1.  2004年8月19日掲載、日刊工業新聞(23面)
    「産学官技術交流フェアの出展企業2004・カオス・フラクタルの情報数理工学に基づいた応用技術について」

  2.  2005年10月31日掲載、日刊工業新聞(32面)
    「1カ月後の積雪量予測へのカオス理論応用について」

  3.  2006年6月27日掲載、日刊工業新聞(31面)
    「服の着心地の脳波判定について」

  4.  2006年9月22日掲載、日刊工業新聞(26面)
    「産学官技術交流フェアの出展企業2006・ロボットの脳直結型制御について」

  5.  2006年10月16日掲載、化学工業日報
    「なめらかに見える肌・起伏構造について」

  6.  2007年11月15日掲載、日刊工業新聞(20面)
    「魚の生体信号での水質調査について」

  7.  2008年5月15日掲載、日刊工業新聞(21面)
    「感性の即時計測による好みの判定について」

  8.  2008年9月4日掲載、新潟日報(6面)
    「化粧品の脳波での相性判断・Polaとの共同研究成果について」

  9.  2008年9月12日掲載、日刊工業新聞(33面)
    「産学官技術交流フェアの出展企業2008・カオス・フラクタル理論を用いた肌情報や感性の解析・計測について」

  10.  2008年11月21日掲載、日刊工業新聞(22面)
    「光を使った感性計測について」

  11.  2009年3月10日掲載、日刊工業新聞(23面)
    「感性の数値化技術を活用した共同研究について(サンスター)」

  12.  2009年3月20日掲載、日刊工業新聞(14面)
    「マルチフラクタル解析を利用した2電極での脳波計測について」

  13.  2009年4月3日掲載、新潟日報(6面)
    「脳波解析による爽快感の数値化について」

  14.  2009年4月9日掲載、日刊工業新聞(21面)
    「脳波からの認知状態判別について」

  15.  2009年4月18日掲載、新潟日報(25面)
    「介護ロボットの研究について」

  16.  2009年5月20日掲載、日経流通新聞
    「トニックシャンプー開発(サンスター)について」

  17.  2009年5月28日掲載、新潟日報(6面)
    「脳波解析によるラケットの共同開発について」

  18.  2009年7月11日(夕刊)掲載、新潟日報(1面)
    「脳波から爽快感を数値化する・冷やしシャンプーについて」

  19.  2009年7月20日掲載、日刊工業新聞(15面)
    「脳波の制御信号への変換から感情を表すロボットについて」

  20.  2009年8月8日掲載、新潟日報(29面)
    「使用時の脳波を計測したテニスラケットの開発について」

  21.  2009年9月26日掲載、長岡新聞(4面)
    「脳波解析技術での製品の開発について」

  22.  2009年11月13日掲載、日刊工業新聞(27面)
    「産学官ビジネスフェアの出展企業2009・感性計測とロボット制御について」

  23.  2010年1月9日掲載、読売新聞(31面)
    「感性を数値化した商品開発について」

  24.  2010年3月23日掲載、日刊工業新聞(14面)
    「脳波での車いすの制御について」

  25.  2010年6月23日掲載、日刊工業新聞32面)
    発行雑誌情報「カオス・フラクタル感性情報工学」

  26.  2010年8月23日掲載、日刊工業新聞(16面)
    「脳の状況を光で計測・ロボット制御について」

  27.  2010年9月27日掲載、化学工業新聞(9面)
    「清涼感の客観評価法確立について」

  28.  2010年9月28日掲載、日刊工業新聞(31面)
    「光トポグラフィーを使用したリアルタイムの感性計測について」

  29.  2010年10月6日掲載、日経産業新聞
    「シャンプーの清涼感計測について(サンスター)」

  30.  2010年10月15日掲載、日刊工業新聞(23面)
    「産学官ビジネスフェア・カオス・フラクタル解析によるロボット制御について」

  31.  2010年10月22日掲載、薬事日報
    「脳波解析技術で清涼感を数値化(サンスター)」

  32.  2010年10月26日掲載、日刊工業新聞(10面)
    「第5回モノづくり連携大賞について」

  33.  2010年10月28日掲載、新潟日報(10面)
    「新潟日報文化賞産業技術部門受賞について」

  34.  2010年11月2日掲載、新潟日報(1面)
    「新潟日報文化賞表彰式について」

  35.  2010年11月9日掲載、日刊工業新聞(24面)
    「感性志向型テニスラケットの開発・モノづくり連携大賞特別賞受賞について」

  36.  2010年11月18日掲載、長岡新聞(2面)
    「モノづくり連携大賞特別賞受賞について」

  37.  2010年11月25日掲載、日刊工業新聞(31面)
    「快適性を追求したラケットの共同開発について」

  38.  2011年1月1日掲載、長岡新聞(2面)
    「感性の数値化による商品開発について」

  39.  2011年3月9日掲載、日刊工業新聞(25面)
    「脳波による車いすの制御について」

  40.  2011年3月15日掲載、日刊工業新聞(21面)
    「清涼感を高めた男性用シャンプーの開発について(サンスター)」

  41.  2011年5月19日掲載、新潟日報(14面)
    「まちなかキャンパス体験講座について」

  42.  2011年8月9日掲載、日刊工業新聞(12面)
    「脳波からの香り計測 商品への応用について(ユニ・チャーム)」

  43.  2011年8月22日掲載、読売新聞(31面)
    「脳波による感性の解析について(ユニ・チャーム)」

  44.  2011年9月17日掲載、紀伊民報(5面)
    「脳波から感性数値化~県産品の価値高める研究会 中川教授が講演~」

  45.  2011年9月20日掲載、日刊工業新聞(18面)
    「光で感性計測~電動車いすを制御~」

  46.  2011年12月23日掲載、朝日新聞
    「脳波でロボットが動いたら」

  47.  2011年12月27日掲載、日刊工業新聞
    「ハードウエア教育重視~GPU活用 IT人材育成~」

  48.  2012年4月10日掲載、新潟日報
    「聴覚障害者、外国人に対応 パネル操作で詳細通報」

  49.  2012年7月6日掲載、日本金融新聞(15面)
    「"感性"はかり価値創造~成長の種生む企業支援を~」

  50.  2012年8月3日掲載、日刊工業新聞(25面)
    「高速道路用非常電話 脳波で使い心地評価」

  51.  2012年9月21日掲載、化学工業日報(5面)
    「日本感性工学会大会の優秀発表賞を受賞」

  52.  2012年9月24日掲載、流通ジャーナル
    「ユニ・チャーム 香りの感性研究で受賞」

  53.  2012年9月26日掲載、石鹸日用品新報
    「脳波による香り感性診断で第13回日本感性工学会大会「優秀発表賞」受賞」

  54.  2012年10月1日掲載、日本商業新聞
    「ソフィの研究成果 ユニ・チャーム 感性工学会から表彰」

  55.  2012年10月8日掲載、週刊粧業(16面)
    「ユニ・チャーム 香り付きパンティライナーの研究で優秀賞受賞」

  56.  2012年10月15日掲載、東京石鹸商報
    「ユニ・チャーム 香り感性診断が優秀発表賞」

  57.  2012年10月29日掲載、日用品化粧品新聞(7面)
    「脳波の感性研究で表彰」

  58.  2013年5月28日掲載、日刊工業新聞(29面)
    「導電性ペースト塗らず 簡便に感性脳波計測」

  59.  2013年7月22日掲載、日刊工業新聞(19面)
    「ガム噛めば集中力高まる!?~長岡技科大とお菓子メーカー 脳波解析で確認~」

  60.  2013年8月28日掲載、新潟日報(28面)
    「ガムかんで集中力上昇~長岡技科大・中川教授ら 脳波変動分析で実証~」

  61.  2013年8月30日掲載、日刊工業新聞
    「頭部2カ所で感性解析~長岡技科大 長時間計測の負担軽減~」

  62.  2013年11月6日掲載、新潟日報
    「長岡技科大発ワンセグ開始」

  63.  2013年11月8日掲載、日本経済新聞
    「街の活性化・防災活用 視野~長岡技科大でワンセグ放送~」

  64.  2013年12月15日掲載、新潟日報
    「お菓子はなぜおいしい?~甘みや油で幸せ気分に~」

  65.  2014年2月2日掲載、朝日新聞
    「脳波で「ロボット動け!」 長岡で科学の祭典・県大会」

  66.  2014年8月5日掲載、読売新聞(29面)
    「高周波音 脳に安らぎ 専用再生機 医療に活用」 

  67.  2014年8月9日掲載、日本経済新聞(35面)
    「離れた場所でも心地よさ~スピーカーで高周波音~」

  68.  2014年8月31日掲載、新潟日報(15面)
    「〝帆船〟から心安らぐ音色」

  69.  2014年10月31日掲載、朝日新聞
    「「ハイレゾ音源」CDより高音質だって?」

  70.  2015年4月23日掲載、朝日新聞(23面)
    「資金と技術と産学連携加速~長岡技科大「心読む技術」人気~」

  71.  2015年6月5日掲載、フジサンケイビジネスアイ(1面)
    「先端技術ベンチャー 宝の山」

  72.  2015年6月8日掲載、金融経済新聞(4面)
    「「産学官金」地方創生で注目」

  73.  2015年9月18日掲載、フジサンケイビジネスアイ(22面)
    「産学連携支援 新産業輩出し雇用創出」

  74.  2015年11月12日掲載、日本経済新聞(39面)
    「口にテープ、集中力アップ 長岡技科大、VBと開発」

  75.  2015年11月18日掲載、毎日新聞(25面)
    「唇にテープ貼り 集中力アップ」

  76.  2015年12月1日掲載、ラベル新聞(2面)
    「BA合同会社 集中力上げるテープ」

  77.  2015年12月3日掲載、新潟日報(28面)
    「口にテープ 記憶力向上」

  78.  2016年3月1日掲載、新潟日報(6面)
    「商品の使用感 裏付け」

  79.  2016年6月11日掲載、新潟日報(6面)
    「大学と企業結ぶ行員に 大光銀 長岡技科大の活動学ぶ」

  80.  2016年6月22日掲載、新潟日報(8面)
    「『感性計測装置』販売へ 大学ベンチャーを設立」

  81.  2016年6月30日掲載、毎日新聞(27面)
    「人の感情 その場で解析」

  82.  2017年1月3日掲載、新潟日報(「ふむふむJ」新年特別号3面)
    「人の感情を数値化」 

  83.  2017年1月10日掲載、新潟日報・夕刊(3面)
    「音の「ぬくもり」探る」

  84.  2017年1月15日掲載、新潟日報(18面)
    「2016にいがた創業アワード受賞者のご紹介」

  85. 2017年1月25日掲載、日本経済新聞(31面)
    「人の感性を計測・数値化」

  86. 2017年2月1日掲載、日経産業新聞(15面)
    「感性測定器で商品開発支援」

  87. 2017年4月21日掲載、科学新聞(2・3・4面)
    「平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰」

  88. 2017年5月11日掲載、長岡新聞(1面)
    「長岡技科大の教授2人 科学技術分野で文部科学大臣賞」

  89. 2017年5月23日掲載、新潟日報(14面)
    「中川氏、伊藤氏、片桐氏、3教授に科学技術賞」

V. Articles

書籍

  1. 中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)単書
    「Chaos and Fractals in Engineering」
      World Scientific,Inc.(3500部発行)、1999年3月発行

  2. 中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)単書
    「液晶相転移(分子論的アプローチ)」
      Springer-Verlag.(2000部発行)、 2001年9月発行

  3. 中川匡弘(長岡技術科学大学助教授)単書
    「カオス・フラクタル感性情報工学」
      日刊工業新聞社(2500部発行)、2010年6月発行

  4. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者77名)
    「次世代ヒューマンインタフェース 開発最前線」
      エヌ・ティー・エス(800部発行)、2013年6月発行

  5. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者103名)
    「顧客も気づいていない 将来ニーズの発掘と新製品開発への活用」
      技術情報協会(600部発行)、2013年8月発行

  6. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担 (執筆者92名)
    「官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法」
      技術情報協会(600部発行)、2014年6月発行

  7. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担(執筆者47名)
    「五感インターフェース技術と製品開発 事例集」
      技術情報協会、2016年12月発行

  8. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担(執筆者27名)
    「製品開発のための生体情報の計測手法と活用ノウハウ」
      情報機構、2017年3月発行

  9. 中川匡弘(長岡技術科学大学教授)分担(執筆者58名)
    「生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用」
      技術情報協会、2017年6月発行

このページの先頭に戻る↑

   







カオス・フラクタル情報数理工学研究室
HPに関するお問い合わせ:webmaster@pelican.nagaokaut.ac.jp

Copyright©NLAB All Right Reserved.
ホームページ上の画像・文章はすべて著作物です。